火10ドラマ制作発表でMC宮野真守が大活躍、高橋文哉はメンバーの行動に驚き「怖い」

TV 公開日:2022/10/16 1
この記事を
クリップ

TBSで10月18日にスタートする火曜ドラマ君の花になる』の制作発表が行われ、本田翼木南晴夏宮野真守高橋文哉宮世琉弥綱啓永らが登壇した。




火曜ドラマ『君の花になる』は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田)が、崖っぷちのボーイズグループ・8LOOMの寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かっていく物語。あす花の姉・仲町優里を木南晴夏、8LOOMのマネージャー・添木ケンジを宮野真守が演じる。8LOOMメンバーは佐神弾役が高橋文哉、成瀬大二郎役が宮世琉弥、古町有起哉役が綱啓永、一之瀬栄治役が八村倫太郎、桧山流星役が森愁斗、久留島巧役がNOA、小野寺宝役が山下幸輝


会見のMCを務めたのは宮野真守。


現場でのエピソードの話になると、本田と木南と3人揃うと8LOOMよりうるさいという話になり、「現場ですなっていう深めの話をしがちですから(笑)」と撮影現場での様子を語った。


8LOOMのリーダー佐神弾を演じる高橋は「最初の頃はチーム感を出そうとして、みんなで人狼ゲームやトランプをしてました。でも、最近は気が知れすぎて全然無言でいられるし、台本読んでいる人もいたり結構自由になっています」と。


宮野はトランプに誘われたことがあるそうで、「僕が考えたオリジナルのトランプゲームで遊んだんですけど、非常に盛り上がって楽しかったです」と振り返ると、本田や木南も宮野のゲームに興味津々だった。


「ハマっているもの」というトークでは宮世が「人と話すことにハマっています。楽屋でも結構みんなと携帯もいじらず話してます。人っていいなと思い始めてて」とコメント。


宮野は「確かに自分からコミュニケーションを取りにいってるイメージあるもんね。あと、音楽的な話をNOAくんとしてるよね」と話すと、「2人でしゃべることが多いんです」と宮世。NOAが「曲作ったりとか」と返すと、高橋は「曲作ってるんですよ。怖い」と驚きすぎてなぜか怖がっていた。


ドラマの推しポイントについては、急に振られた綱が大慌て。


宮野が「男気溢れる有起哉は、結構(人と)ぶつかるシーンがあったりとか?」と話を振ると、綱が「メンバーと当たるとか当たらないとか…」と返し、「当たるだろ、(当たらないと)ドラマにならないだろ(笑)。“頑張ろうねー”で終わらないだろう(笑)」とハイテンションで突っ込む場面も。そんな綱がハマっていることは「友達」だそうで、「前と比べたら休みが減ったので、休日は友達に会うのを大事にしています」と語ると宮野は「さすが男気溢れる有起哉」とコメントしていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 12件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント