新ドラマ『デブとラブと過ちと!』追加キャスト発表、崎山つばさ 高橋健介 太田夢莉が出演

TV 公開日:2022/10/12 8
この記事を
クリップ

TOKYO MXでは、月曜よる10時のドラマ枠「ドラマニア!」枠で、『デブとラブと過ちと!』を11月7日(月)より放送する。



3時のヒロインかなで草川拓弥超特急)がW主演する本作。この度、3時のヒロインかなで演じる夢子、草川拓弥(超特急)演じる結城を取り巻くレギュラーキャストとして、崎山つばさ高橋健介太田夢莉の出演が決定した。



物語は、コンプレックスの塊・夢子がある日、ビルの屋上から落下してしまうところから始まる。なんとか一命を取り留めた夢子。しかし、目が覚めた彼女は 「これが...私...!? 超かわいい」と、以前と180度違う彼女に変わっていた!そんな夢子に、周囲は驚きと戸惑いの連続。しかし、超ポジティブになった夢子によって環境は大きく変わっていく――


そんな本作で、崎山つばさ、高橋健介、太田夢莉は、夢子が働くお菓子メーカーの企画部のメンバーを演じる。


まず、夢子の上司で、お菓子メーカー企画部のクールな課長・前園弘樹役を演じるのは、崎山つばさ。
ミュージカル『刀剣乱舞』、ドラマ『薄桜鬼』(WOWOW)、ドラマ『科捜研の女』(EX系)、舞台『幽☆遊☆白書』など話題作に立て続けに出演する崎山つばさが演じる前園は、結城の“過ち”に大きく関係している。外見上はクールでも、ひとりで苦悩する前園を、崎山がどう演じるのか期待が高まる。


【画像】「幽☆遊☆白書」で浦飯幽助役を演じる崎山つばさ


次に、ベンチャー企業から夢子と同じ企画部にやってくる松陰寺 尊(しょういんじ たける)役を高橋健介が演じる。


ドラマ「ウルトラマンX」にて主演の大空大地役をつとめ、ミュージカル『刀剣乱舞』幕末天狼傳にて蜂須賀虎徹役をつとめるなど、今勢いのある高橋健介。そんな彼が演じる自信とやる気に満ち溢れた松陰寺は、夢子に弟子入りを志願して......。
夢子、結城、松陰寺の三角関係(!?)にも注目だ。


そして、夢子の同期で、会社での男性人気が断トツのぶりっ子キャラ・玉井咲役は、太田夢莉が演じる。


2019年までNMB48のメンバーとして活動し、ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)、舞台『フラガール - dance for smile -』に出演するなど、幅広く活躍する太田夢莉。そんな彼女が演じる、ポジティブな夢子と出会い、変わっていこうとする玉井の姿は必見だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント