『さよならの向う側』最終回 HiHi Jets高橋優斗がぶっきらぼう全開、本編映像1分解禁

TV 公開日:2022/10/11 11
この記事を
クリップ

4週連続オムニバスDRAMA『さよならの向う側』最終回(第4話)の本編映像1分が先行解禁された。



「泣ける」「切ない」「色々と考えさせられる」と話題のドラマ『さよならの向う側』。同名小説「さよならの向う側」(マイクロマガジン社 刊)を原作に、上川隆也演じる「案内人」が、思いがけず訪れた死に戸惑う人々を、現世とあの世の狭間『さよならの向う側』で迎え、彼らの「最後の24時間」に寄りそう。


最終回となる第四話(10月13日OA)は、これまで『さよならの向う側』で幾多の人の最後の24時間に寄り添ってきた「案内人」、谷口健司(上川隆也)の物語。


妻・谷口葉子(戸田菜穂)との結婚記念日を祝うため、すき焼きのネギを買いに行っていたはずの谷口健司(上川隆也)は、不思議な空間で目を覚ます。近くにいる案内人(木場勝己)からは、あなたはもう死んでいるんですよ、と告げられてしまう。ときは、1982年。郵便配達員の谷口は、小さな理髪店で働く葉子に出会う。そして、夫婦になった二人は幸せな時間を過ごしていた。結婚記念日と谷口の給料日が重なったある日。谷口の給料日には必ずすき焼きを作ってくれていた葉子は、ネギを買い忘れてしまっていた。そして、谷口がネギを買いに行くことになり......。月日が流れ、ベテランの「さよならの向う側」の案内人となった谷口の前には、伊勢谷幸太郎(高橋優斗 ※「高」は正式には「はしごだか」)が立っていて......。


今回、解禁になったのは、高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)演じる青年・伊勢谷幸太郎が「さよならの向う側」を訪れるシーン。現世とあの世の狭間「さよならの向う側」を訪れた幸太郎は、案内人の谷口から「あの世に行くまでの24時間、会いたい人と会うことができる。ただし、あなたが死んだことをまだ知らない人とだけ―」と聞かされる。


「会いたい人は紗也香しかいねぇよ」俺様キャラで内弁慶な幸太郎は、谷口を前にぶっきらぼうに言い放つ。谷口がぼんやりと話を聞いていると「使えなそー」と、悪ぶる素振りも。幸太郎は紗也香とケンカをして家を飛び出し、事故に遭って亡くなったため、紗也香はまだ幸太郎が亡くなったことは知らないのだという。谷口が紗也香に会いに行くよう促すと、幸太郎は突如表情を変え、「やっぱいいや...」と会いに行くことを拒むのだった。


幸太郎はなぜ、紗也香に会いに行くことを拒むのか。幸太郎、最後の選択とは―。切なくも温かい愛の物語『さよならの向う側』最終回(第四話)は10月13日放送。


▼本編映像1分



■2022年9月 プラチナイト木曜ドラマ
毎週木曜日23時59分~24時54分
第一部 23時59分~ さよならの向う側
第二部 24時29分~ 5分後に意外な結末


©清水晴木・マイクロマガジン社/ytv

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント