山田涼介『親愛なる僕へ殺意をこめて』“Wエイジ”にファン「イケメン爆発すぎ」

TV 公開日:2022/10/07 8
この記事を
クリップ

人気グループ・Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(毎週水曜よる10時)が6日、アメーバオフィシャルブログを更新。山田と子役の小山蒼海くんとの“Wエイジ”オフショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。



『ヤングマガジン』(2018年5月~2019年8月/講談社)、WEBコミック配信サイト「コミックDAYS」(2019年8月~2020年9月/講談社)で連載され、累計120万部突破の同名コミックが原作。満を持してファン待望のドラマ化が実現した。連続殺人犯を父に持つ主人公・浦島エイジ(山田涼介)の大学生がある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられて、真相を明らかにしようと決意し、そこから驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる、見る者に息つく暇も与えないどんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。ヒロイン役を務める川栄李奈は、半グレ集団・スカルが運営するデートクラブ「アリス」で働く女性・ナミを演じる。そのほか、門脇麦尾上松也早乙女太一髙嶋政宏桜井ユキ佐野史郎遠藤憲一ら豪華キャストに名を連ねる。


この日、「Wエイジのオフショ」と題して更新した公式ブログ。絵文字やハッシュタグを交えながら「エイジの幼少期を演じる #小山蒼海くん!」と小山の頭に優しく大きな手を乗せて、顔をピトっとくっつけたキュートな笑顔の山田と小山の“Wエイジ”のオフショットを公開した。


この投稿にファンから「イケメン爆発すぎ…」「優しいお兄ちゃんというよりもパパ感も強め」「Wエイジにほっこりしまくり」「カワイイが溢れてる」「カワイイ×カワイイ=最強&最強にカワイイ」「2人とも可愛い」「激カワすぎ」「可愛くてほっこりツーショ」などの声や、第1話(10月5日放送)冒頭から拷問シーンから始まり、その後もハードな描写が相次いだため「ずっとドキドキだったからこんな幸せな世界を見せてくれて…ありがとうございます」「2人の笑顔に救われた」「めっちゃ落ち着く、、」「想像をはるかに超えて、、、心臓がもたない状態になっていたので、、、助かりました」「初回からなんだ!!ハラハラしまくりで大変だっ!!」「えぐい、、、w」「1話からハラハラドキドキしまくったから癒される、、、」「次回も楽しみ!!」といった声も多く寄せられている。



■『親愛なる僕へ殺意をこめて』第2話

10月12日(水)よる10時~放送

怒涛の展開!半グレ集団・スカルに潜入するエイジに危険が迫る!そんな中、意外な協力者が現れて、もう一人の知らない自分の行動に驚愕する…!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)