『クロサギ』平野紫耀“黒崎”の亡き父役に前川泰之、追加キャスト解禁

TV 公開日:2022/10/07 8
この記事を
クリップ

TBSでは、10月21日(金)よる10時から平野紫耀主演の金曜ドラマ『クロサギ』がスタートする。「世の中には三種類の詐欺師がいる。人を騙し、金銭を奪うシロサギ。色恋を餌にするアカサギ。そしてこの世で一羽だけ、シロサギとアカサギだけを餌とし喰らう最凶の詐欺師がいる。詐欺師を騙す詐欺師―― その名は、クロサギ」本作は、詐欺によって家族を失った主人公が「詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ」となって、本当の「敵」を探し出し打倒していく物語。




原作は黒丸・夏原武による漫画『クロサギ』シリーズ。今作は、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化。主人公・黒崎高志郎(くろさき・こうしろう)を平野紫耀(King & Prince)、ヒロイン・吉川氷柱(よしかわ・つらら)に黒島結菜、そして、詐欺界のフィクサー・桂木敏夫(かつらぎ・としお)を三浦友和が演じる。2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が喰らいつく。


このたび、ドラマを彩る新たな追加キャストの出演が決定した。

坂東彌十郎演じる御木本の部下の垣根(かきね)役を演じるのは金井勇太。垣根は黒崎の最大の宿敵である御木本の腹心として、裏社会で様々な詐欺に関わっている。金曜ドラマ『MIU404』(2020年)以来、約2年ぶりのTBSドラマ出演となる金井。次世代を担うバイプレイヤーとして数多くの作品に出演しているが、本作では御木本の腹心として、黒崎vs御木本の戦いにどう関わっていくのか注目だ。


氷柱の親友・三島ゆかり(みしま・ゆかり)役を演じる永瀬莉子。ゆかりは氷柱と同じ政和大学法学部の3年生で、氷柱の友人であり良き相談相手でもある。永瀬は、ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍する傍ら、女優としても経験を重ねており、本作がTBSドラマ初出演となる。そのフレッシュな演技にも期待が高まる。


東京中央署知能犯係の巡査部長・伊達はるか(だて・はるか)を演じるのは冨手麻妙。伊達は神志名将(井之脇海)と桃山哲次(宇野祥平)と共に、様々な詐欺事件を追う女性刑事。冨手のTBS金曜ドラマへの出演は本作が初となり、事件を追う刑事3人の息の合った演技にも注目だ。


山本耕史演じるシロサギ・白石陽一を影でバックアップする部下・榎木(えのき)役には木村文哉。木村がTBSの連続ドラマにレギュラー出演するのは本作が初。黒崎や白石とのコミカルなやりとりも見どころのひとつだ。


そして、黒崎の亡き父・黒崎浩司(くろさき・こうじ)役を演じるのは前川泰之。これまでに日曜劇場『半沢直樹』(2013年)や金曜ドラマ『アリスの棘』(2014年)などのTBS連続ドラマに出演し、存在感を放ってきた前川。本作で演じる浩司は、黒崎が15歳の時、詐欺被害に遭ったことで黒崎の人生を大きく狂わすことになるのだが、その詐欺事件の真相は果たして――。


さらに、本日よりドラマ公式ホームページ内で登場人物たちの人間関係が描かれた相関図が公開された。物語に描かれる、様々なキャラクターの複雑に絡み合う人間模様も要チェックだ。


社会の歪みと共に次々と生まれている「詐欺」。普通に生きているだけで、誰もが簡単に被害者にも加害者にもなってしまう現代社会の中で、「クロサギ」はどのように詐欺師と対峙していくのか――。復讐劇の中で描かれる黒崎の葛藤や変容、そして複雑に絡み合う人間ドラマにも期待が高まる。



■金曜ドラマ『クロサギ』

10月21日(金)スタート 毎週金曜よる10:00~10:54
(※初回は20分拡大 よる10:00~11:14)

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。