TBS深夜ドラマ『私のシてくれないフェロモン彼氏』“キャラの濃い3人”キャスト発表

TV 公開日:2022/10/07 6
この記事を
クリップ

TBSの深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」。その5作目となる『私のシてくれないフェロモン彼氏』が11月15日(火)深夜24時58分からスタートする。



本作は、イケメンで完璧なのに“シてくれない”年下彼氏に翻弄される主人公・水川黎(島崎遥香)と、「好きな人とはただ一緒にいるだけで幸せ。なんでそれだけじゃだめなの?」という性欲が“凪”なフェロモン彼氏・有馬柊人(渡邊圭祐)が、お互いのことを真剣に考えるからこそすれ違い続ける、不器用なふたりのじれったすぎる“寸止め”ラブストーリーである。


このたび、そんなじれったい2人の恋を取り巻く個性豊かなキャストとして、堀井新太森カンナ中田青渚の出演が決定した。


黎と一緒に起業した“優しすぎる”男友達・大河内衛(おおこうち・まもる)を演じるのは堀井新太。衛と黎は大学時代のバイト仲間で、色恋とは無縁な“よき友達”。付き合いも10年目に突入し、黎にとってはアウトオブ眼中な存在がゆえに、“シてくれないフェロモン彼氏”の柊人について赤裸々な恋愛相談もされていく。しかし、そんな黎の姿を見ているうちに、まさかの自分の中の男が覚醒!? 衛は「未来永劫人畜無害」のレッテルを剥がすべく、黎にアプローチを開始。それが後に黎と柊人の関係に大きな影響を与えていく。


黎の親友で、“恋の師匠”でもある桃井美織(ももい・みおり)を演じるのは森カンナ。美織は黎と衛に起業しようと持ち掛け、共に立ち上げたアートのサブスク会社の社長。自分の哲学を強く持ち、他人の目や世間の声などは全く気にせず信じた道を突き進む女性だ。恋愛においても独自のポリシーがあり、「恋とセックスは別腹」がモットーで複数のセックスフレンドがおり、柊人との“その日”を目指す黎にとっては師匠のような存在となっていく。

友人10年目の節目に「起業」という新たな夢をスタートさせた3人のケミストリーにも注目だ。


そして、柊人の大学の後輩である“フェロモン女”・榊原ひとみ(さかきばら・ひとみ)役には、中田青渚が決定した。ひとみは「あざとくて何が悪いの?」を地で行くインフルエンサー。大学時代の“ある出来事”をきっかけに、柊人に5年間片想いし続けている。モテ街道まっしぐらでどんな男にもチヤホヤされて生きてきたが、柊人には全くフェロモン攻撃が効かずイライラ。そんな中、柊人に5才年上の彼女ができたと聞いて、「冗談じゃない! 私だってこの人とシたいんですけど」と黎にまさかの宣戦布告をしてきて・・・。


キャラの濃い3人が加わり、それぞれが自分の想いに正直に一生懸命に生きるからこそ、黎と柊人のじれったすぎる恋は予想外の大波乱に。毎話「今夜こそついにキタでしょー!」というロマンティックなシチュエーションになりつつも、結局は致せない・・・。じれったい2人の恋模様を大きく動かすキャスト陣に注目だ。


さらに、今後もドラマを盛り上げる魅力的なキャストを発表予定とのこと。『私のシてくれないフェロモン彼氏』の今後の情報にも期待が高まる。


1/2ページ

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント