『霊媒探偵・城塚翡翠』第1話ゲストに福地桃子&田辺桃子 事件に大きく絡む重要人物

TV 公開日:2022/10/05 4
この記事を
クリップ

10月16日スタートとなる新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠(れいばいたんてい・じょうづかひすい)』。その第1話のゲストとして、福地桃子田辺桃子の出演が決定した。




このドラマは、“霊が視える”という能力を持つヒロインが、死者からのヒントを頼りに、「霊媒探偵」として難解な事件と向き合っていく物語。霊視には証拠能力がないため、誰からも信じてもらうことができない。では、一体彼女はどんな方法で事件を解決に導いていくのか?緻密に構成された物語が、あっと驚く展開につながっていく、新たなミステリードラマが誕生する。

【関連】清原果耶ら主要キャスト登場『霊媒探偵・城塚翡翠』幻想的な雰囲気あふれるポスター解禁


原作は、相沢沙呼によるシリーズ累計55万部突破の大ヒット小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)。「このミステリーがすごい!2020年版」(国内編)1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした超話題作が、ついにこの秋連続ドラマになります。


今回、第1話のゲストとして登場するのは、近年目覚ましい活躍をみせる若手女優・福地桃子と田辺桃子。2人が演じるのは、香月史郎(こうげつしろう/瀬戸康史)の大学の後輩で、第1話の物語の鍵を握る人物。福地が演じるのは、大手ブライダルプロデュース会社に勤める女性・小林舞衣(こばやし・まい)。そして田辺は、舞衣の親友であるデパートの受付・倉持結花(くらもち・ゆいか)を演じる。「泣いている女が自分を見ている」という奇妙な夢に悩まされる結花が、“霊媒師”城塚翡翠(清原果耶)のもとを訪れたところから、物語は予想外の方向に進み始める……。舞衣、結花ともに事件に大きく絡む重要人物であり、この2人が物語を動かすキーとなることは間違いない。


【福地桃子 コメント】
このドラマはミステリーものなので緊張感のあるシーンもあったのですが、なによりも物語を楽しみながら撮影をして欲しいとプロデューサーの方から言っていただいたので終始楽しく撮影に参加させてもらいました。今回は眼鏡をしている役ということで、普段とは違った感覚でとても新鮮な気持ちでした。衣装合わせの時には原作にもあるようにキャラクターを表す大事なアイテムだと、スタッフの皆さんと話し合い眼鏡をひとつひとつ試して選んだ時間も素敵な思い出です。不思議なチカラを持つ清原さん演じる翡翠ちゃんの佇まいやキャストの皆さんのチームワークがとても魅力いっぱいの撮影現場でした。果耶ちゃんとの共演は2度目になります。久しぶりの再会もとても嬉しかったです。初回から今後の展開が気になる仕掛けが沢山散りばめられているドラマになっています。是非お楽しみください!

【田辺桃子 コメント】
今回、倉持結花というキャラクターを演じさせていただく上で彼女の元々持っている人懐っこさと悪意のないあざとかわいさをどう表現するかが難しくもあり面白い部分でもありました。香月さんや舞衣との時間、翡翠との出会いで彼女の人生がどう変化していくかを楽しんでもらえたらなと思います。短い時間でありながら清原果耶ちゃんはじめキャスト・スタッフの皆さんに温かく迎えていただきとても有り難かったです。


<第1話あらすじ>
“霊媒師”の城塚翡翠(清原果耶)は、「泣いている女が自分を見ている」という奇妙な夢に悩まされる女性・結花(田辺桃子)の依頼を受け、その身に危険が迫っていることを予言する。後日、結花の先輩で推理作家の香月(瀬戸康史)と共に結花の自宅を調べに訪れた翡翠は、頭から血を流して死んでいる結花を発見!結花を救えなかったことに責任を感じる翡翠は、これまで鐘場(かねば)警部(及川光博)と共に数々の事件を解決してきたという香月に、自分の力を使って真犯人を突き止めてほしいと頼む。結花が見た“泣いている女の夢”はどのように事件と関わるのか?“犯人が視える”翡翠と推理力を持つ香月が協力して真相に迫る。そんな中、翡翠は、アシスタントの千和崎(ちわざき/小芝風花)の制止を振り切り、危険な“降霊”に挑む……!



■『霊媒探偵・城塚翡翠』
10月16日スタート!毎週日曜よる10時30分放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。