中川大志、自身の誕生日に起きた“恥ずかしい”エピソード「頼んだ覚えのない荷物が…」

TV 公開日:2022/10/05 13
この記事を
クリップ

ニベア花王株式会社は、2019年から展開するブランド『ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ』の商品リニューアルを記念したプロモーションとして、俳優・中川大志を起用した新WEBCM『浴槽の神様』篇を、サイトおよび公式YouTubeチャンネルにて、2022年10月5日(水)より公開する。



本WEBCMでは、俳優として活躍する中川大志を起用し、「浴槽の神様」の役に挑戦してもらった。


【CM場面カット】中川大志が初めての“神様”役に挑戦


お風呂に入ろうとする女性が、手に持っていたボディウォッシュを浴槽に落としてしまうシーンから始まる。すると、浴槽から中川が扮する神様が現れ、その手には、落としたはずの“いつも使っているボディウォッシュ”と新しくなった“エンジェルスキン ボディウォッシュ”が。女性が落としたものが“いつも使っているボディウォッシュ”であることをわかりながらも“エンジェルスキン ボディウォッシュ”の使用を強く勧めてくる。初めての神様役で、有無を言わさず押しの強い中川の演技に注目だ。

【関連】中川大志が演じる美貌の歌手・桜木輝彦、歌手デビュー決定 MV解禁


<中川大志 インタビュー>
Q. 今回の「浴槽の神」役はいかがでしたか?
神様の役というのは初めてだったので、かなり探り探り、これでいいのかなぁと思いながらいろんなパターンをやらせていただき、ちょっとずつ出来上がっていったという感じでした。衣装もこのために作られた手作りのものだったので、神様がセットのお風呂の中から出てくるという違和感というか、ミスマッチな感じがシュールで、やっていてどんどん楽しくなっていきました。

Q. 今回の商品は、いつも使っているボディウォッシュとは違った特長がありますが、中川さん自身の「他人と違う」ところを教えてください。
お風呂に入るときに、髪の毛を洗って、顔を洗って、そして体を洗って、という順番で洗っていくのですが、最後に一気に流すのが好きなんです。この”全部泡だらけになって最後一気に流す”というのをあまり他の人がやっているところを見たことがないので、人とはちょっと違うのかなぁと思います。

Q. 毎日のバスタイムでのこだわりを教えてください。
お風呂に防水のスピーカーを置いていて、音楽を聴きながら入っています。お風呂専用の枕みたいなものを最近購入したので、頭をつけて浸かっていても、枕があって痛くない。お風呂場で台本読んだりすることもあるのですが、お風呂用の枕は色々出ているので、半身浴する人など、しっかり浸かりたい人にはおすすめです。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ