超特急 草川拓弥「わくわくしています」3時のヒロイン かなでと“ラブコメ”W主演

TV 公開日:2022/10/03 7
この記事を
クリップ

3時のヒロインかなで草川拓弥超特急)がW主演。超ポジティブなドタバタラブコメディ『デブとラブと過ちと!』が、11月7日(月)よる10時にスタートする。ドラマ化に合わせて、原作のままかり先生より、お祝いの描き下ろしイラストも到着した。




本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で累計6,000万DL突破の大人気オリジナルコミック、『デブとラブと過ちと!』(ままかり/ソルマーレ編集部)を原作とした、超ポジティブな記憶喪失のヒロインと若手副社長が繰り広げる、ドタバタラブコメディ。


物語は、コンプレックスの塊・夢子がある日、ビルの屋上から落下してしまうところから始まります。なんとか一命を取り留めた夢子。しかし、目が覚めた彼女は「これが…私…!?超かわいい」と、以前と180度違う彼女に変わっていた。そんな夢子に、周囲は驚きと戸惑いの連続。しかし、超ポジティブになった夢子によって環境は大きく変わっていく――恋に、仕事に、友情に…全力で突き進む夢子とその仲間たちの姿を、原作とは一味違った展開で描く。


本作のヒロイン・夢子役は、ドラマ初主演となる3時のヒロインかなで。お笑い賞レースやバラエティで活躍するだけでなく、近年では映画『地獄の花園』、『KAPPEI カッペイ』等で個性あふれる強烈なキャラクターを熱演するなど、俳優としての一面も見せているかなで。学生時代に演劇を専攻していた彼女の、時に爆笑や涙を誘うキュートでパワフルな演技に注目だ。


また、夢子が恋する若手副社長・結城役には、草川拓弥(超特急)が決定。メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のタクヤとしても活動する草川。ドラマ『みなと商事コインランドリー』に続き、2クール連続の主演となります。そんな人気沸騰中の草川演じる結城は、夢子との出会いをきっかけに、自身の“過ち”と向き合い、変わっていく。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)