UA、息子・村上虹郎は「かわいいし、優しいんです」 『マツコ会議』登場

TV 公開日:2022/10/01 8
この記事を
クリップ

10月1日の『マツコ会議』(日本テレビ系)は、1996年23歳の時にリリースした『情熱』がヒットし、ファーストアルバムの売り上げは80万枚越え、今年歌手活動27年のUAの謎に包まれた移住生活を深掘りする。



早速中継を繋ぐと「これ、カナダの離島なの?」と問いかけるマツコ。仕事で日本に滞在中だったUAは「ここ、渋谷です。でも普通に地球ですよ」とUA節で期待通りの滑り出し。マツコも「それくらい分かってますよ」と思わず笑みがこぼれる。


「どうやってカナダの離島にたどりついたのか?検討がつかないわよね」と話を始めようとすると「もっと、いじられるのかなと思って」とマツコとの初タッグにUAも早くもエンジン全開の様子。


話を始めると、移住のきっかけは子育てだったようで、当時まだ小さかったUAの息子で俳優の村上虹郎の学校移転のタイミングを機に神奈川での田舎暮らしを開始。そこで2年間野菜作りを学び、更に沖縄北部の山間で農業を中心とした生活を営むようになり、後のカナダへと繋がっているのだそう。



するとマツコは「これだけは言える。虹郎くんは、相当可愛い。UAさんに似てるね」と「かわいいし、優しいんです」と嬉しそうにUAも答える。更に、男子は特に女親に似やすいというような話をし始め「アタシもお袋そっくりだもん。こんなに太ってないわよ」とマツコ自らの話も飛び出す展開に。


カナダのUAの自宅は古い牧場跡地を購入し、畑の開拓から住居まですべてセルフビルド。テントやトレーラーハウスに寝泊りしながら4年かけてようやく自宅が完成したのだそう。


自然あふれる広大な敷地に母屋や、レコーディング用の部屋、畑用のため池、開拓した畑など、その生活ぶりを感じたマツコは「できないわ、ホントに。スゴイ本来の人間の姿だよね、」「じゃあできるかって言われると怖いよね、その一歩踏み出すの」と、思わず本音を吐露する。日本とカナダを行き来し2つの顔をもつUAの話に「同じ人間がやってるとは思えない」と最後まで興味津々のマツコだった。


■『マツコ会議』
10月1日(土)23時00分~23時30分

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)