中島健人、“親友”粗品と念願のCM同時撮影に喜び「撮影合間のこの時間すら楽しい」

TV 公開日:2022/09/30 2
この記事を
クリップ

株式会社ミクシィが展開するエンターテインメント事業ブランド「XFLAG (エックスフラッグ)」は、10月10日(月)に9周年を迎えるスマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下モンスト)の年間CMキャラクターを務める中島健人と、人気お笑い芸人の粗品霜降り明星)が出演する新CM『呼びかけ』篇(TV:15秒/WEB限定:30秒)を2022年10月初旬より全国で放送開始する。



新CM『呼びかけ』篇は、突然教室に現れた中島健人と粗品が「モンストやろうぜ!」と生徒たちに呼びかけるところから始まる。教室を飛び出し、学校中の生徒たちを巻き込みながら体育館に辿り着いた2人が、体育館の壇上で最大4人まで同時に遊べるモンストのマルチ(協力)プレイで生徒たちと一緒に盛り上がっていく新CMとなっている。


「1人でやるんじゃなくて、友だちを巻き込んでやるのがモンストの良さです」と、みんなでワイワイ楽しむことで「遊び」の輪が広がっていき、より楽しくなる「モンスト」の魅力を語ってくれた中島。中島と粗品が生徒たちを熱狂の渦に巻き込み、そしてその場にいる全員が「モンスト」に熱狂する新CMに注目だ。


<撮影エピソード>

今回のCMは学校を舞台にした撮影。控室として使用している教室へ先に現れたのは中島。「あれ、友だちは?」と、プライベートでも仲のよい共演者の粗品を探す素振りを見せているところに、タイミングよく登場した粗品は「ケンティー!」と満面の笑み。「イェーイ!」と2人でハイタッチを交わすと「会えた!」とCM共演2作目にして、初めて同じ現場での撮影となった喜びを分かち合っていた。「ついに念願の同時撮影ができましたね」という中島に、「嬉しい!友だちとCMに出られるって、なかなか“いかつい”ね」と粗品。撮影中も「(撮影の)合間のこの時間すら楽しいよね」と“親友”の2人にとっては、とても楽しい時間となったようだ。


新CM『呼びかけ』篇で、始業のチャイムとともに中島と粗品が教室に現れるシーンは、生徒たちには事前に2人の登場を知らせることなくサプライズでの撮影となった。撮影現場となった教室へ向かう動線はもとより、校内で2人と生徒たちがばったり会ってしまわないようにスタッフたちも厳戒態勢。「中島さん」「粗品さん」と口に出すのもNG。生徒たちのリハーサルも、教師役の俳優が登場する架空のストーリーで行うなど入念な準備を行った。そこへ突然中島と粗品が現れ、教室の中は騒然となる一方、リアルに驚き過ぎて固まってしまう生徒も。しかし、中島と粗品に「いくぞ!」と教室の外へ促されるころには大盛り上がりの生徒たち。スタッフの「はい、カット!」の声にようやく落ち着きを取り戻した生徒たちには、中島と粗品から「こんにちは!」「ありがとうございます!」「モンストやってる?」と直接声を掛けられる嬉しいサプライズも待っていた。


<インタビュー>

――学生時代に熱狂したことは?

中島:中学3年生から(ジャニーズ)Jr.に入っていたけど、その前は普通に学生生活を過ごしていました。特に、合唱コンクールはめちゃめちゃ力を入れていましたね。指揮者をやっていて、クラスを一つにして、「みんなで優勝しようね!」みたいな、エネルギー溢れる場所がすごく好きだったので、今日の撮影では(合唱コンクールのことを)思い出しました。

粗品:僕は部活動に入っていなくて、帰宅部のエースでした。めちゃくちゃ家に帰るのが早かったです。家に帰って、ゲームをしたり音楽を作ったりしていました。僕も高校生の時に指揮者をやっていました。オーケストラの指揮者をやりたいと言って友だちを集めて。楽器をできる人が少ないから、10人くらいしか集まらなかったけど、ミニオーケストラをやりましたよ。

中島:お互いに指揮者だったということですね。


――2人が学生時代にクラスメイトだったら、一緒にどんなことをして遊びたい?

粗品:ケンティーはピアノがすごいから、ピアノの連弾とかしよう!俺もピアノで。

中島:バンドとかやっていたかもね!でも、そうしたらお互いにピアノになっちゃうから、(粗品さんは)ギターじゃないですか?僕がボーカルとピアノをやって、(粗品さんが)ギター。めちゃめちゃバランスいい!

粗品:バンド名は「モンスト」。絶対売れますよ。

中島:ファーストシングルは「ストライクショット」でいいですか?

粗品:いいですね、いきましょう!



▼モンスターストライク新CM『呼びかけ』篇(30秒)


モンスターストライク(モンスト)公式サイト:https://www.monster-strike.com/(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。