NHK『大奥』徳川吉宗× 水野祐之進編 中島裕翔、冨永愛、風間俊介らの出演決定

TV 公開日:2022/09/22 1
この記事を
クリップ

2023年1月にNHKで放送開始のドラマ10『大奥』の8代・徳川吉宗× 水野祐之進編の主な出演者として、中島裕翔冨永愛風間俊介貫地谷しほり片岡愛之助の出演が発表された。






女の将軍の寵愛を得るため、大奥3千人の男たちが火花を散らす“男女逆転・大奥”を描いたよしながふみ作大人気コミック『大奥』。これまで民放ドラマや映画で映像化されてきたが、3代将軍・家光編から物語のラスト・大政奉還までの物語を映像化するのは今回が初めてとなる。


男女逆転の謎に迫り、大奥や政治の改革に邁進する稀代の名君・吉宗すべての始まりである“奇病・赤面疱瘡”の撲滅に動き出す8代・徳川吉宗 × 水野祐之進編。


プロローグ(第1話) は水野祐之進編。中島が水野祐之進は、江戸の貧乏旗本の息子。武芸に秀で、眉目秀麗な心優しき青年。幼なじみのお信にをしているが身分違いで夫婦にはなれず、彼女への想いを断ち切るため、そして家計を助けるために大奥入りする。8代将軍・吉宗に見初められ、将軍の最初の夜伽相手である「ご内証の方」に選ばれる。


8代 徳川吉宗 編では、冨永愛が徳川吉宗役を演じる。徳川吉宗は、紀州徳川家の2代藩主・徳川光貞の3女。姉2人が急死したことで藩主に就任し、財政再建に努める。その後、徳川幕府8代将軍となり、未曾有の財政難に陥る徳川幕府の命運を背負うことに。「質素倹約」を掲げ、様々な改革に乗り出す。そして、すべての出来事が記録された「没日録」の存在を知り、男女逆転の謎の解明と“赤面疱瘡”撲滅に尽力していく。


風間俊介は、杉下役を演じる。杉下は、御三の間の一人で、大奥で仕えて 10 年経つ古参。18 歳で婿入りしたが子ができず離縁され、貧しい御家人の実家に帰ることも出来ず大奥に入る。水野を何かと助け、彼の御中臈昇進に伴い身の回りの世話係を務めることに。その後、吉宗に温厚で真面目で忠実な人柄を買われ、彼女を支えていく。


加納久通役を演じるのは貫地谷しほり。加納久通は吉宗の幼なじみで、紀州時代から吉宗に仕える片腕的存在。穏やかな性格で一見おっとりしているように見えるが、実は非常に切れ者で、吉宗のためならば非情な決断さえもためらわない。藤波をはじめとする大奥の難敵とも渡り合い、その生涯を吉宗に捧げる。


片岡愛之助は、藤波役を演じる。藤波は7代将軍・家継の代に大奥総取締となり、吉宗の代も留任。華美を好む野心家で、その手で大奥を牛耳り、吉宗と対立していく。水野を内証の方にするべく、将軍の側室候補である“御中臈”へと昇進させる。



中島裕翔 コメント

水野は見た目とは裏腹にいつも周りの人のことを考え、人の為に何かできないと考える心優しい青年。それが故になんでも自分で背負い込もうとする漢気を見せる部分もあります。そんな彼が生きる時代はある病が流行っているという今と似ているシチュエーション。現代にも通ずる点があると思いました。現代を生きる我々が抱える様々な悩みや不安。そこに勇気を持って立ち向かうような水野の姿をお届けできればと思います。


冨永愛 コメント

約 260 年も続いた徳川の歴史は、日本の礎となっています。その壮大な歴史が、よしながふみさんにより、現代の私たちにとって、他人事とは思えない様々な問題を浮き彫りにした「大奥」となり、初めて拝読した時、大きく心を動かされました。そんな素晴らしい作品に出演させていただくことになり、大変光栄に思っております。さらに吉宗という歴史にもこの作品の中でも鍵となる名高い名君を演じることになり、心躍ると同時に身が引き締まる思いです。「大奥」のファンの方々、そして新たに観る方々にとっても、納得のいく吉宗であるように精進してまいります。私もこれからの撮影が楽しみで仕方ありません、どうぞ皆さま、お楽しみに!


風間俊介 コメント

この切なく、儚く、強く、美しい物語の一部になれることを嬉しく思います。 『事実は小説より奇なり』と言いますが、僕は、人が思い描く物語が好きです。人が作るフィクションの力を信じたい。 それと同時に、歴史の面白さも知っています。その二つが美しく折り重なった作品『大奥』 皆様に喜んで頂けるよう努めようと思います。


貫地谷しほり コメント

よしながふみさんの原作マンガをいつも楽しみに読んでいました。今回、森下佳子さんの脚本という事、そして時代劇といえば、時代を作ってきた男の物語が多いですが、今回は男女逆転!とても面白そうという事で参加させてもらう事になりました。加納久通役たのしみたいと思います!


片岡愛之助 コメント

長年温められた企画とのことで、この「大奥」に携わらせていただけること、また三度演出の大原拓さんにお声がけいただけたこと大変光栄です。将軍吉宗とは対立する藤波ですが、彼なりの正義があったと思います。しっかりと藤波を勤め上げ、作品に少しでも深みを加えられればと思っております。


あらすじ

江戸幕府3代将軍・徳川家光の時代、「赤面(あかづら)疱瘡(ほうそう)」と呼ばれる奇妙な病が日本中に広がっていった。この病は“若い男子にのみ”感染し、感染すれば“数日で死に至る”恐ろしい病であった。対処法も治療法も発見されず、結果として男子の人口は女子の1/4にまで激減し、日本の社会構造は激変した。男子は希少な種馬として育てられ、女子はかつての男子の代わりとして労働力の担い手となり、あらゆる家業が女から女へと受け継がれるようになる。江戸城でも3代将軍家光以降、将軍職は女子へと引き継がれ、大奥は将軍の威光の証であるがごとく希少な男子を囲い、俗に美男3千人などと称される男の世界が築かれていくのであった。


 8代・徳川吉宗 × 水野祐之進 編 は・・・

貧乏旗本の息子・水野祐之進は幼馴染の薬種問屋の跡取り娘・信と添い遂げることが叶わぬなら...と大奥入りを決意。そして、紀州徳川家から将軍となり、幕府の逼迫した財政を大胆に再建しようとしていた吉宗から、大奥で最初に声がかかる。しかし、将軍の最初の相手である「ご内証の方」は死なねばならぬと知り...

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)