犬飼貴丈&大原優乃、シンデレラストーリーが想像以上の「胸キュン」

TV 公開日:2022/09/20 34
この記事を
クリップ

“正統派イケメン”の犬飼貴丈と、可愛すぎる大原優乃が繰り広げる極甘ラブストーリー『-50kgのシンデレラ』。Paraviで配信が始まると、「かっこよすぎる」「キュンが止まらない」「妄想シーン最高でした」「リピしました」とSNSでも話題に。「正統派イケメンの引き出しがなくて」と話していた犬飼が見せる“イケメン御曹司”も、特殊メイクで“ぽっちゃり女子”を演じた大原も、どちらも新鮮。“ダイエット成功”後の大原も可愛らしく、犬飼との想像以上の胸キュンシーンに心奪われること必至のシンデレラストーリーだ。そんな本作が、9月23日(金)に最終回を迎える。


【新カット多数追加】最終回の犬飼貴丈&大原優乃 場面写真を見る(全13枚)

 


原作は、電子コミック誌『comic Berry's(コミックベリーズ)』に連載され、紙コミック版と電子版を合わせて累計140万部突破を記録した、スターツ出版発刊による大人気コミック。ドラマでは、イケメン御曹司・富士崎宰(おさむ)を犬飼貴丈が演じ、宰に一目惚れした佐伯陽芽(ひめ)を大原優乃が演じる。



ぽっちゃり女子だった陽芽は、恋をきっかけにダイエットを成功させ、宰のいる会社に入社。しかし宰は、ぽっちゃり女子だった当時の陽芽に惹かれていた。自分がその“ぽっちゃり女子”だと言い出せない陽芽は、宰と一緒に“ぽっちゃり女子”を探すことになる。


二人で過ごす時間が長くなり、宰と陽芽の距離は少しずつ近づいていく。


陽芽の想いが形になって現れるキラキラなエフェクトは、「キラキラとかふんわりハートとか出てくるのめちゃカワ」「エフェクトめっちゃいい」と話題に。ドキドキを加速させ、作品をかわいらしい空気で包み込む。


そんな陽芽の妄想シーンは見どころのひとつ。普段は上司として一線を引き、優しくてどこか遠慮がちな宰。しかし妄想の中では、まっすぐに陽芽をみつめて甘い言葉をかける。


距離も近く、積極的な宰には「陽芽ちゃんの妄想キター」「甘々で可愛かった」「色気すごくて良かった」「破壊力が凄まじい」とSNSでも毎回盛り上がっている。


犬飼は、現実と妄想シーンを上手く演じ分けており、そのギャップにも心奪われる視聴者が続出。『しろめし修行僧』で犬飼が演じた修行僧も“優しいイケメン御曹司”だったが、友情と恋愛では相手を見る目が全く違う。そんな目線や仕草も、見逃さずに味わいたい。最終回を前にして、妄想を超える現実の胸キュンシーンに期待が高まるばかりだ。


完璧で極甘な宰だが、周囲からの妬みに傷ついているという一面も。


“社長の息子だから何もしなくても出世できる”と噂されているが、実は人一倍努力している宰。気にしていないように振る舞っているが、今までも苦しんできたはずだ。陽芽との出会いで、ひとりで抱えていた苦悩を少しずつ解放していく様子も見どころだ。


大原が演じる陽芽も、ぽっちゃり女子のときには見た目で判断されて傷つくことが多かった。しかし本当は優しく素直な性格。大原は、その前向きな強さや溢れる優しさを、ダイエット成功後も変わらずに表現している。


“ぽっちゃり女子”のときの幸せそうな笑顔も、常に一生懸命なところも、ずっと変わっていないのだと視聴者を安心させてくれた。ダイエットをきっかけに自信がつき、少しずつ変わっていく部分もしっかりと見せてくれる。


一番注目したいのは、ときめきの表情。困ったり驚いたりと表情がくるくる変わる陽芽だが、宰と一緒にいるときには“ほわん”とした空気をまとい、目もとろけているように見える。


陽芽の表情、心の声、全てから感情が溢れていて「気持ちが良く伝わってくる」「陽芽ちゃんの眼差しが可愛くて可愛いくて」と反響が集まっている。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 82件)

この記事に関連するコメント

Sayohiro @Sayohiro87 9月23日

素敵な記事をありがとうございます💓✨ 犬飼貴丈&大原優乃、シンデレラストーリーが想像以上の「胸キュン」 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/fmpkn28Es1