『魔法のリノベ』一変した梅玄コンビ…最終回エンディングは多幸感に包まれたい

TV 公開日:2022/09/19 8
この記事を
クリップ

ついに最終回を迎える月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系)。先週放送された第9話のエンディングは、多幸感にあふれたこれまでと違って切ない雰囲気を醸し出していた。大家族のリノベを魔法のように成功させるも、小梅(波瑠)からまるふく工務店を辞めます宣言が飛び出し、幸せが見えた途端不穏な空気へと一変した。これまで毎週月曜の夜をほっこり幸せな気持ちにしてきた「まほリノ」。最終話もやっぱり笑顔の結末になることを願いながら、第9話を振り返っておきたい。(以下、第9話ネタバレあり)



付き合いだした小梅と玄之介(間宮祥太朗)が第9話で挑んだのは、テレビ番組で注目を集める大家族・真野家のリノベ。どこから手をつけていいかわからないほどの乱雑ぶりに2人は唖然とするも、「あのアナーキーハウスをリノベの力で変えてみせます」とやる気を見せる小梅。その背中には、「アホー」と書かれた紙が。真野家の子ども達のいたずらだと気付くと大声をあげた。
「あぁ~! 何で教えてくんないんですか!」
波瑠の面白おかしい勢いある演技を見られるのもこのドラマならではかもしれない。そして、小梅の“後ろ”ではなく、小梅の“隣”を歩くようになった玄之介だから紙に気づけなかったのかもしれないと思うと、二人の歴史も感じられてほっこり。


真野家にリノベプランを提案すると、話はおかしな方向へ。リノベに反対している次女が長女とディレクターの関係を暴露し始め、喧嘩が勃発。プランの提案は仕切り直しに。今回も小梅は背中に紙を貼られていたが、そこには家族の幸せを願う兄弟の想いが書かれていた。


小梅は真野家の子供たちが家族のことを大切に想っていることを母・珠江に伝える。すると珠江は「あなたも自分の会社が好きなの?」と小梅に問う。
「自慢です」
誇らしそうに答えた小梅の顔を玄之介が驚きながら窺うも、すぐに前を向いて嬉しそうに微笑む。まるふく工務店に対する小梅の想いも知れた一幕だった。


練り直したリノベプランを持って真野家へ。リノベ反対の次女だったが、自分の夢を兄弟たちが応援してくれていることを知る。
「あんたたちは私の宝物なんだから」
母・珠江の想いが子供たちに伝わり、真野家の明るい未来が見え始めた。


ドタバタでコミカルな中に、やわらかくて人を思う尊い気持ちがあふれている。大家族リノベは「まほリノ」らしさ満点のリノベだったのではないだろうか。


1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)