=LOVE & ≠ME 選抜メンバー出演のSPドラマ『もしコイ』キービジュアル公開

TV 公開日:2022/09/17 3
この記事を
クリップ

ABCテレビにて、9月23日(金)深夜0時24分から放送されるオリジナルドラマ『もしも、この気持ちを恋と呼ぶなら...。』。本作は男女を問わず共感の声が多数あがっている、指原莉乃がドラマ用に書き下ろした「=LOVE」の新曲『好きって、言えなかった』&「≠ME」の新曲『僕たちのイマージュ』の世界観を紡いだオリジナルドラマとなっている。



物語は、とある女子校のバドミントン部のエースコンビを中心に、切なくて儚い青春のワンシーンをみずみずしく描き出しており、仕掛けが散りばめられたストーリーテリングが導く、思いがけないエンディングにも大注目の作品に仕上がっている。


物語の重要なキーワードにもなっている楽曲『好きって、言えなかった』、『僕たちのイマージュ』の2曲を“W主題歌”に、メインキャストは「=LOVE」、「≠ME」のメンバーから抜擢されるということで、メインキャストのオーディションの結果発表には大きな注目が集まっていたが、本日、ドラマオーディションで選ばれたメインキャストが、「=LOVE」 の野口衣織佐々木舞香齊藤なぎさ諸橋沙夏、「≠ME」 の冨田菜々風蟹沢萌子川中子奈月心の7名に決定したことが発表された。


オーディションでは、監督、脚本家らを審査員に、「喜怒哀楽の4要素を入れた一人芝居」、「2人で台本の登場人物を演じる掛け合いのお芝居」、「ランダムに選ばれた4人によるシミュレーション」から、それぞれの役にもっともフィットするメンバーをキャスティング。その結果、選出されたメインキャストの役どころは…


鈴野日南(すずの・ひな)役  野口衣織 

●高校3年生 バドミントン部の急上昇2番手ながら、自分に自信がもてないでいる。


小峰有希(こみね・ゆき)役  冨田菜々風 

●高校3年生 いつも元気で明るく何事にも一生懸命なバドミントン部のエース。


森見奈緒(もりみ・なお)役 佐々木舞香 

●高校3年生 有希、日南にライバル心を燃やすバドミントン部エース候補。


藤丸あおい(ふじまる・あおい)役 蟹沢萌子 

●高校3年生 信頼の厚いバドミントン部部長。


中瀬小夏(なかせ・こなつ)役 川中子奈月心 

●高校2年生 人懐っこいバドミントン部の末っ子キャラ。


岬花梨(みさき・かりん)役 齊藤なぎさ

●高校3年生 学校に自分の居場所を見つけられず、慕っている日南にだけ心を通わせているのだが…。


宮部穂乃果(みやべ・ほのか)役 諸橋沙夏

●気さくで優しい保健の先生。生徒たちから相談相手として信頼されている。


バドミントン部のエース二人を中心に描かれるのは、指原莉乃が紡いだ等身大の言葉で彩られていく淡くて切なくて、フシギな感覚に引き込まれていくファンタジックな青春ストーリー。

メンバーたちが練習を重ねて挑んだバドミントンシーンにも注目。さらに、「≠ME」の  尾木波菜菅波美玲谷崎早耶の3名の出演も決定。尾木、菅波、谷崎が演じるのは、単なる青春学園物では終わらない、思いがけない展開を見せるストーリーを彩る役どころ。彼女たちの出演シーンもぜひご期待いただきたい。


山崎春陽(やまさき・はるひ)役 尾木波菜

●図書委員の2年生。星新一の「ショートショート」を愛読している。


園田 紬(そのだ・つむぎ)役 菅波美玲

●おっとりした性格のバドミントン部3年生。


小暮紗世(こぐれ・さよ)役 谷崎早耶

●図書委員の2年生。春陽とは大の仲良しで、いつも一緒にいる。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)