平野紫耀主演『クロサギ』メインビジュアル解禁 追加キャストに井之脇海&中村ゆり

TV 公開日:2022/09/17 6
この記事を
クリップ

TBSでは、10月21日(金)よる10時から平野紫耀主演の金曜ドラマ『クロサギ』がスタートする。このたび本作のメインビジュアルが解禁となり、あわせて黒崎と敵対する警察官・神志名将(かしな・まさる)役で井之脇海三浦友和演じる桂木の腹心・早瀬かの子(はやせ・かのこ)役で中村ゆりの出演も決定し、「クロサギ」を囲む個性豊かなキャストが揃った。

【関連】平野紫耀『クロサギ』詐欺師界のフィクサー役に三浦友和、複雑な師弟関係に注目



「世の中には三種の詐欺師がいる。人を騙し、金銭を奪うシロサギ。色恋を餌にするアカサギ。そしてこの世で一羽だけ、シロサギとアカサギだけを餌とし喰らう最凶の詐欺師がいる。詐欺師を騙す詐欺師―― その名は、クロサギ」


本作は、詐欺によって家族を失った主人公が「詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ」となって、本当の「敵」を探し出し打倒していく物語。原作は黒丸・夏原武による漫画『クロサギ』シリーズ。今作は、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化。主人公・黒崎高志郎(くろさき・こうしろう)を平野紫耀(King & Prince)が演じる。2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が喰らいつく。


このたび本作のメインビジュアルが解禁となった。


白の世界の“正義”、そして黒の世界の“悪”。その間にいる「クロサギ」が、さまざまな人間との出会いの中で葛藤しながらも、本当の「敵」を探し出し立ち向かう、力強さを表現したビジュアルに仕上がっている。そんな「クロサギ」を囲む面々の眼差しは、優しさや鋭さも感じつつも、どこか悲しげに見える。2022年の現代を舞台としている本作ならではの、闇に光るピンクのネオンがモチーフとなった世界観も、このビジュアルのポイントだ。


そして、メインビジュアル解禁と同時に、黒崎と敵対する警察官・神志名将(かしな・まさる)役で井之脇海、三浦友和演じる桂木の腹心・早瀬かの子(はやせ・かのこ)役で中村ゆりの出演も決定し、「クロサギ」を囲む個性豊かなキャストが揃った。

井之脇が演じる神志名は、自己の出生にまつわる事件から詐欺師という存在を憎んでおり、詐欺事件の捜査に執念を燃やす警部補。正義感が強く、特に詐欺師である黒崎に対しては、攻撃的な振る舞いをし、敵対する。しかし黒崎を追っていく内に、詐欺師によって人生を狂わされた彼の過去を知り――。神志名と黒崎のお互いに対する心情の変化にも注目だ。


そして、中村演じる早瀬は、桂木が店主の甘味処の店員であり、桂木の手足となって働く腹心。桂木のために行動し、情報収集や邪魔者の始末も行う。表の顔は明るい店員で、黒崎にも姉のように接して仲良く話すが、黒崎が出すぎたマネをすると釘を刺す場面も。甘味処で繰り広げられる早瀬と桂木、そして黒崎のやりとりの中にある深い闇に包まれた関係の真相とは――。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)