永瀬廉「最高にうつけなクラスメイト」宴のシーンで『新・信長公記』クランクアップ

TV 公開日:2022/09/17 6
この記事を
クリップ

永瀬廉King & Prince)主演の7月期・日本テレビ系日曜ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』。武将たちが学園の天下統一を目指すという異色の話題作で、戦う事が「サダメ」である武将たちが「旗印戦」と銘打たれたてっぺんを決めるための戦いを繰り広げている。いよいよ物語も残り2話と終盤に迫っている中、先日ドラマの撮影がクランクアップを迎えた。




最終日は、特進クラス20名での「宴」のシーンを撮影。25日に放送される最終話のハイライトとなる場面で、これまで学園天下獲りをめぐってしのぎを削ってきた武将たちが、最後の戦いを前に飲んで、踊って楽しむ場面。作品の中で武将たちが団結してきた様子と、実際の撮影を通じてキャストたちが絆を深め合ってきた様子がリンクして、武将たちが楽しむ「宴」の現場はまるで本当の「高校生の文化祭の打ち上げ」のような雰囲気のもとで撮影が進んでいった。


そして、最後のカットの撮影を終え、中島監督の「皆様お待たせしました。チェックOKです!」という掛け声でクランクアップを迎えると、現場は出演者・スタッフから大きな拍手に包まれた。主演の永瀬廉は挨拶で「この作品ならではの青春を存分に堪能できたと思います!」と語り、共演者には「なにより本当にクラスメイトの皆さんが楽しくて、優しくて、面白くて、最高にうつけなクラスメイトで幸せな時間でした!」と投げかけ、現場は再び座長への温かい拍手と笑顔に包まれた。


そんな現場から特進クラスの20名と理事長の秘書・魔村の集合写真が届いた。最終話で迎える宴までには一体どんな人間ドラマが繰り広げられるのか。そしてこの宴の先に待つ『新・信長公記』の結末とは――!?青春あり!戦あり!の学園天下獲りエンターテインメント『新・信長公記』は毎週日曜夜10時半放送。残すところ2話と迫った物語に期待が高まる。


<織田信長役・永瀬廉 コメント全文>

約3ヶ月の撮影期間中、一回も撮影をしんどいと思ったことはなかったです。それぐらい楽しくて、あっという間の日々を過ごさせて頂きました。この作品ならではの青春を存分に堪能できたと思います。そして、なにより本当にクラスメイトの皆さんが楽しくて、優しくて、面白くて、最高にうつけなクラスメイトで幸せな時間でした!


▼武将みんながハマり役


▼裏切り展開で揺らぐ武将たち


▼戦わないときは「かわいい」一面も


■『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』

毎週日曜よる10時30分~

(C)読売テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。