清原果耶が原作でもおなじみのポーズ『霊媒探偵・城塚翡翠』ティザー映像公開

TV 公開日:2022/09/14 3
この記事を
クリップ

10月16日スタートとなる新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』。そのティザー映像がこの度初公開された。“霊が視える”ヒロイン・城塚翡翠を演じる清原果耶、謎のアシスタント・千和崎真を演じる小芝風花、そして、警視庁捜査一課の警部・鐘場正和を演じる及川光博、人気推理作家・香月史郎を演じる瀬戸康史といった主要キャストが勢ぞろいしている。



翠色の瞳を持つ“霊媒師”城塚翡翠は苦悩を抱えていた。彼女には犯人が視えるという特殊な力がある。しかし……そこには証拠能力がない。どうすれば警察は動くのか?犯人を逮捕に導けるのか。


ある日翡翠の前に現れたのは、聡明な雰囲気が漂う推理作家・香月史郎。


論理的な思考を持ち、警察からも一目置かれる香月は翡翠の“霊視”に“推理力”を足して共に事件を解決に導く「最強のバディ」となっていく。翡翠を支えるアシスタント・千和崎真が見守るなか、次第に香月は翡翠に惹かれていくが……。想像を絶する展開が二人に襲い掛かる。ミステリー賞総ナメのベストセラー小説をドラマ化。油断禁物の最驚ミステリー。


このドラマは、“霊が視える”という能力を持つヒロインが、死者からのヒントを頼りに、「霊媒探偵」として難解な事件と向き合っていく物語。霊視には証拠能力がないため、誰からも信じてもらうことができない。では、一体彼女はどんな方法で事件を解決に導いていくのか。緻密に構成された物語が、あっと驚く展開につながっていく、新たなミステリードラマが誕生する。


原作は、相沢沙呼によるシリーズ累計55万部突破の大ヒット小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)。「このミステリーがすごい!2020年版」(国内編)1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした超話題作が、ついにこの秋連続ドラマになる。


この度初公開されたティザー映像では、“霊が視える”ヒロイン・城塚翡翠を演じる清原果耶、謎のアシスタント・千和崎真を演じる小芝風花、そして、警視庁捜査一課の警部・鐘場正和を演じる及川光博、人気推理作家・香月史郎を演じる瀬戸康史といった主要キャストが、勢ぞろい。清原は、原作本表紙でもおなじみのポーズを決め、ミステリアスな雰囲気あふれる仕上がりとなっている。


ティザー映像は、本日放送される水曜ドラマ『家庭教師のトラコ』の予告後でもOA予定。


▼ティザー映像



■新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』

10月16日スタート! 毎週日曜よる10時30分 放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)