なにわ男子 藤原丈一郎『消し好き』で納言 薄幸と“結婚”「ドッキリじゃねえか」

TV 公開日:2022/09/15 2
この記事を
クリップ

日本テレビ 深夜ドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』に、納言薄幸の出演が決定。物語は社会人篇に突入。それぞれの生活に変化がある中、福田には変わらぬ思いが...




『消しゴムをくれた女子を好きになった。』は、主演・大橋和也なにわ男子)、親友役・藤原丈一郎(なにわ男子)、小島健Aぇ! group/関西ジャニーズ Jr.)、ヒロイン・福地桃子が織りなす青春ラブストーリー。物語は社会人篇に突入。恋愛についてはなかなか上手くいかなかった板倉(藤原丈一郎)がなんと結婚。そのお相手、板倉美鈴役に納言・薄幸が決定した。自転車屋の看板娘で板倉を尻に敷くちょっと強めな妻を演じる。


<薄幸(納言) コメント>

ドラマの衣装合わせから参加するという経験が、はじめてでした。衣装合わせ当日、大部屋で、今まで見た事の無い大人数のスタッフさん全員が丁寧に挨拶をしてくれ、更に奇抜な衣装を次々と着せ替えさせられていく中、私は確信しました。

“ドッキリじゃねえか”

それもそのはず。私なんかが、なにわ男子のお相手役なんかに選ばれる訳がない。そう思った私は、バラエティ番組を盛り上げるべく、奇抜な衣装一着一着に露骨に嫌な顔をしました。

しかし、ネタバラシも無く、撮影が始まり無事クランクアップ。どうやらドッキリでは無かった様で、衣装に露骨に嫌な顔をする、ただの嫌な奴になってしまいました。すみません。

クランクアップの時スタッフさんに「コメントどうぞ」と言われた時もコメントをお弁当と聞き間違え「お腹空きましたもんね」というアホコメントを残してしまいました。何もかも不慣れでしたが、演者さんスタッフさん皆温かく楽しく撮影出来ました。私も自分のカット以外見れていないので、一視聴者として、オンエアを楽しみにしています。




【第九話 あらすじ】

消しゴムをくれた女子・伊藤さとみに恋をして11年。厨二病男・福田悠(大橋和也)も26歳となりメンテナンス会社で働く中堅社員に。ただでさえ忙しい日々の中、新入社員の竜也(三浦獠太)、松平(石川瑠花)の面倒も見る事に。それぞれの道を進んだ板倉(藤原丈一郎)、森(小島健)とも中々会えなくなり、ストレスを抱える散々な日々を送っていた。そんな松平が自分に好意を抱いている事を知る。久しぶりの“恋の予感”に、しまっていた想いが顔を出す。


■『消しゴムをくれた女子を好きになった。』

日本テレビ「シンドラ」枠

日本テレビほか毎週月曜 24:59~25:29(30分×全10話)

※Hulu・TVerでも配信

©NTV・J Storm

※本記事は掲載時点の情報です。