『新・信長公記』永瀬廉、最後の策を信じ…武将たちも戦いの中で躍動

TV 公開日:2022/09/14 3
この記事を
クリップ

永瀬廉King & Prince)主演の日本テレビ日曜ドラマ新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』の第8話が11日に放送された。


武将のクローン高校生たちが学園の天下統一を目指すという異色の話題作の第8話では、信長を中心に団結した特進クラスが、ペリーら異国の偉人たちに捕らえられたみやびと家康の奪還作戦を繰り広げる。武将たちそれぞれが奪還に向けてアツく躍動する少年漫画さなが らのアツい展開に話題が集まった。


 ※以下第8話ネタバレあり

■敵の手に捕らえられた家康とみやび。信長らによる奪還作戦が始動

 徳川家康(小澤征悦)に強い恨みを持つ、クローンを生み出した博士(酒向芳)の息子(波岡一喜)の意のもと、ペリー、ジャンヌ・ダルク、始皇帝ら新たな敵の手に捕らえられてしまった家康とみやび。こ れまで暴虐の限りを尽くしてきた家康だったが、織田信長(永瀬廉)はクラスメイトに「俺はこれからの家康を信じたい」と語りかけ、2人の奪還に向けてクラスメイトをまとめ上げる。そして、信長らによる2人の奪還作戦が始まった。 


■特進クラスの武将たちそれぞれが戦いの中で躍動。そして――家康とみやびを奪還

2人の奪還に向けて、武将たちそれぞれが、手を取り合い、策を打ち立て、過去と向き合い、そして力で挑む特進クラス。過去の因縁から雪解けを見せる黒田官兵衛(濱田岳)と竹中重治(栁俊太郎)、さらに一度は家康たちを裏切った明智光秀(萩原利久)ら知略に秀でた武将たちが知恵を寄せ合って策を練り上げる。その策のもとで敵を分散させ、始皇帝を誘い出すことに成功。


武田信玄(満島真之介)と上杉謙信(犬飼貴丈)が初めて手を組み、強い絆を垣間見せながら始皇帝を迎え討つ。これまでライバルとして戦いを繰り広げてきた2人だったが、上杉が武田に「願わくば君と一緒に戦いたい」と訴え実現した奇跡のタッグが死闘の末に打ち勝つ。


さらに、ジャンヌ・ダルクと相まみえた伊達政宗(三浦翔平)。2人に秘められた過去が紐解かれ、ジャンヌが過去に伊達を守れなかったことを悔いていることが明かされ る。そんな彼女に伊達は「もう、苦しまないでくれ」と手を差し伸べ2人は戦いの手を止めるのだった。


一方で、敵の本陣の目の前までたどり着いた信長は「俺の役目はここまでだ」と言って、最後の策を信じて座り込む。最後の策――それは「捕らえられた家康自身が立ち上がり、自身の手で敵に打ち勝つ」という目論見で、家康を信じた信長は「家康が加わって初めて成立する策」を打ち立てていたのだった。豊臣秀吉(西畑大吾)が「最後の一手はお前や」と訴えかけ、息子は「そんな言葉こいつが耳を貸すはずがないだろう!」と吐き捨てる中で、最後には家康が特進クラスの作戦にのって立ち上がり、特進クラスの 勝利で戦いは幕を閉じた。


残す物語は2話。学園天下獲りの行方、そして第1話のラストで映し出された特進クラスの武将たちの「遺影」の謎、さらに立ちはだかる最後の敵との対峙から目が離せない…あのシーン見逃してしまった!という方は、日曜ドラマ『新・信長公記』第8話はTVerにて見逃し配信中。地上波では毎週日曜放送。


■『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』

毎週日曜よる10時30分~

(C)読売テレビ


▼武将みんながハマり役


▼裏切り展開で揺らぐ武将たち


▼戦わないときは「かわいい」一面も




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)