『テッパチ!』町田啓太&佐野勇斗、最後までバディの絆「ヤバイ、泣きそうだ…」

TV 公開日:2022/09/14 15
この記事を
クリップ

いよいよ本日最終回を迎える水10ドラマ『テッパチ!』は、主演・町田啓太と共演・佐野勇斗白石麻衣北村一輝ら実力派俳優陣でおくる完全オリジナル企画。防衛省全面協力のもとお届けする今作は、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語。

このほど、約4カ月間に及ぶ撮影期間を経て、町田と佐野がそれぞれクランクアップを迎えた。音楽隊への入隊を目指して、陸上自衛官となった馬場良成を演じた佐野は、馬場とは真逆の性格でやけっパチな気持ちで入隊し陸上自衛官となった国生宙演じる町田とのシーンを最後にクランクアップとなった。


佐野は、「一足先に…お疲れ様でした。第一部・二部とあって結構大変な作品だったな、と我ながら自分の役者人生を振り返っても思っております。本当にスタッフの皆さんをはじめ、キャストの仲間に助けられたな、と心から思います。何よりバディである町田さんに本当に救われました」と撮影を振り返る。すると、佐野は隣にいた町田の顔を見て、「(さみしくて)悲しくなりますね。ヤバイ、泣きそうだ…」と涙目に。



町田は、「やめろ、やめろ!(笑)」と佐野に明るく声を掛ける。佐野は、「町田さんの顔を見ると気持ちがね…。クランクアップで泣くなんて数年ぶり。町田さんには、本当に感謝しています」とバディとして共に歩んできた町田への感謝の思いを伝えた。そして、「今日で撮影は全て終了ですが、皆さん本当に暑い中、よく頑張りました(笑)」と涙まじりの笑顔でコメント。町田から「(頑張りましたって…)先生みたいな発言!」とツッコまれた佐野は、「感情がグチャグチャになっちゃって…(笑)」と語りながらも、「本当にすごくステキな作品に関わらせてもらって良かったなと思っております。本当にありがとうございました!」と最後は満面の笑顔でキャスト・スタッフへ感謝の言葉を述べた。


その後、別のロケ場所へ移動し、町田の最後のシーンを撮り終えると、スタッフから「国生宙役、町田啓太さんオールアップです!」との声と共に、ねぎらいの歓声と盛大な拍手が贈られた。すると、先に撮影を終えて帰ったはずの佐野がサプライズで駆けつけ…町田は「あれ!なんで…?(佐野からの花束を受け取って)ありがとう!」と驚きの声を上げた。


そして、温かい拍手に包まれる中、町田は「いろいろ言いたいことはあったんですが、今の(サプライズ)でビックリして、全部すっ飛びました(笑)」とコメントし、周囲からは笑いが起きる。そして、改めて町田は撮影を振り返り、「とにかく本当にお疲れ様でした。クランクインした時は、この撮影は終わらないんじゃないかな、とか感じて…最後まで完走できるかな、どうしよう、ってずっと思っていました。でも、本当にいろいろ考えさせられながら、一歩一歩進んでいく感じが、僕はすごく作品をみんなで作っているなと感じて、かけがえのない時間を過ごさせて頂きました。いろいろな事に恵まれて、皆さんと出会えて…作品の中の八女さんや冬美さんたち先輩が宙を見守ってくれていたように、実際に僕も皆さんに寄り添ってもらえて、すごく感謝しています」とキャスト・スタッフへの感謝の気持ちを熱く語った。


また、「(今は)すごい達成感があって、学びの多い作品でした。本当に皆さんありがとうございました。僕は、今回のこの出会いと作品を誇りに思い、これからも頑張っていきたいと思っています。本当にありがとうございました。お疲れ様でした!」と深々と頭を下げ、笑顔で締めくくった。


“やけっパチ”な考えで陸上自衛隊の道へ進んだ青年たちが、陸上自衛官になるべく悪戦苦闘しながらも、日々成長していき、自衛官にとって身を守る鉄帽=“テッパチ”をかぶるにふさわしい一人前の自衛官になったとき、未熟で“やけっパチ”だった人生が、本物の“テッパチ”人生へと変わっていく―!笑いあり!涙あり!知られざる陸上自衛隊の内情をリアルかつコミカルに描き、“今の私たちに必要なこと”を改めて感じさせてくれる熱血青春ドラマ『テッパチ!』。最終話は、いよいよ今夜10時から放送。お見逃し無く。


最終話あらすじ

桜間冬美(白石麻衣)のもとに、病気休暇中だった馬場良成(佐野勇斗)から退職届が送られてきた。馬場のために何をすればいいのか分からず苦悩する国生宙(町田啓太)。そんな宙たちのことを心配していた八女純一(北村一輝)は、馬場がいまも病気休暇ということになっていると冬美から教えられる。宙と連絡を取った八女は、馬場の退職届がまだ受理されていないことを伝える。続けて八女は、「馬場にしてやれることは何もないが最後まで信じてやることはできる」と告げる。「それがバディってもんだろ。だから先ずはお前がしっかりしろ」。八女は、そう宙に語りかけた。八女の言葉で少し前向きになれた宙は、入院中の芝山勝也(水沢林太郎)の見舞いに行く。リハビリを続けていた芝山は、宙の顔を見るなり敵意を向けた。するとそこに風間速人(工藤阿須加)が現れ、「宙の話を聞いてやってほしい」と頭を下げる。そのおかげで、宙は芝山と話す機会を得るが、「あんたが死ぬ気で何かやってみろ」と激しく拒絶される。それから数日後、宙たちは、出動要請を受け、大雨の影響で発生した土砂災害の現場に向かう。初めての土砂撤去作業で、宙は人命救助という重みを感じながら頑張るが…。


▼関連記事


『テッパチ!』

毎週水曜  よる10時から放送

©フジテレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)