“洗濯大名”菊池風磨「友達にもよく“大名”と呼ばれます」ボールド新CMで喜びの舞を踊る

TV 公開日:2022/09/14 12
この記事を
クリップ

Sexy Zone菊池風磨がCMキャラクターを務めるP&Gジャパンの衣料用洗剤「ボールド ジェルボール4D」の新 TVCM 「ボールド 洗濯大名 コールドプレス篇/ラベンダー篇」が10月1日(土)より全国でオンエア開始する。TVCM 公開に先立ち、9月14日(水)よりボールド公式 YouTube で先行公開された。


シリーズ最新作の「コールドプレス篇」では、「コールドプレス発想」により、みずみずしい香りを封じ込めた「ボールドジェルボール 4D」の香りを、菊池大名が体験する。寝起きに掛け布団から漂ってきたみずみずしい上品な香りが、柔軟剤の効果かと思いきや、木場勝己ら家臣役たちの説明を受けて、いつも通りボールドだけしか使っていないことを実感する菊池大名。あまりのいい香りにうっとりして、最後は「ひとつで究極パーフェクト♪」と喜びの舞いを踊るシーンが描かれている。また、「ラベンダー篇」では、湯上がりの菊池大名がタオルから香るにおいを「ラベンダー」であることに気付き、縁側の奥に広がる美しいラベンダー畑を眺めながら、ボールドに新しい香りがラインナップしたことを家臣と共に喜ぶ様子が描かれている。



撮影では、シリーズ 3 作目で大名姿がすっかり板についてきた菊池。表現の幅が豊富で、バラエティで見せる柔らかい笑顔から、華やかなアイドルスマイル、そして俳優としての顔まで、さまざまな表情を披露していた菊池。第1弾、第2弾ともに、制作サイドから細かい指示がなくても、監督の意図をくんだお芝居をナチュラルに演じてみせる勘の良さが印象的だったが、今回も同様に、制作サイドから細かい指示を出すことなく、本番が始まった途端、何かが憑依(ひょうい)したかのようにスイッチが入る自然体の菊池をカメラに収めた。カット毎に監督とモニターでプレイバックを確認していた菊池。振り幅のある自身の演技を振り返りながら、本人も含めたスタッフ全員から笑いが起こるシーンが何度もあった。特に、手を重ねて花のアロマを封じ込めるシーンでは、ちょっと遊んでおちゃらけたバージョンがお気に入りとコメント。そのカットが実際に使われたかどうか、ぜひオンエアでチェックしてみていただきたい。


夢の中で花畑を浮遊する冒頭のシーンで、菊池は不安定な台の上で上半身を半分起こしたまま、手足をバタバタさせて宙をかく動きを何度も繰り返すことに。チェックの際も、髷(まげ)が崩れてしまうため、上半身を半分起こしたままという状態が長く続いたが、その中でも常に安定感のあるアクションを披露していた姿に、鍛えられた肉体と体幹の強さが垣間見えた。「ひとつで究極パーフェクト♪」 と踊りながら、ジェルボール4D の特徴を表現する決めポーズ。前作までとは違う振り付けに変更したが、その場であっという間に習得し、周囲を驚かせていた菊池。また、バラに囲まれたカットでは、主張の強い大量のバラに画面を覆い尽くされながらも圧倒的な存在感を放つ姿に、スタッフの皆さんから「さすが Sexy Zone!」という声が上がった。


朝早くから、複数のセットを使って行われた今回の CM 撮影。菊池が布団に入っているシーンでは、カットが掛かってチェックをしている間、キレイな寝姿でうとうとしてしまうひと幕があった。そして、最後にお屋敷のセットで撮影が終了すると、両手ガッツポーズとともに「やったあ♪」という言葉が漏れた菊池。無邪気な立ち居振る舞いを、周りのスタッフがニコニコしながら見守っていると、それに気付いた菊池がふとわれに返り、「あ、すいません、思わず」と照れ笑いを浮かべていた。


1/2ページ