玉森裕太『祈りのカルテ』クランクインを前に意気込み語る「ひたむきに演じていけたら」

TV 公開日:2022/09/13 3
この記事を
クリップ

新土曜ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』。主演・玉森裕太、現役の医師でもある作家 知念実希人氏によるシリーズ累計18万部突破のベストセラーが原作の本作。本日、クランクインコメントが到着した。


【関連】玉森裕太、決めポーズと思いきや…ドラマ『祈りのカルテ』ティザー映像&初回放送日解禁



全体クランクインとなった最初のシーンは、とある患者が手術を終えて晴れやかに退院するのを見送る諏訪野(玉森裕太)。そしてそれを少し離れて見守るみどり(池田エライザ)と立石(松雪泰子)…というシーン。クランクインを前に「大勢の方の力を借りつつ、ひたむきに演じていけたらいいなと思っています。」(玉森)、「早く共演者の皆さんといっぱいお芝居を重ねて、皆さんにも登場人物たちの関係性の面白さをお見せしたいです。」(池田)、「これからこのチームで、人間的な心の交流を温かく感じていただけるような作品になるように、みんなで頑張っていきたいと思います。」(松雪)と、3人はそれぞれ3か月の撮影にむけての意気込みを語った。ついに撮影スタート。今後の情報解禁からも目が離せない。


<コメント全文>
【玉森裕太 諏訪野良太役】
いよいよ撮影が始まると思うとちょっとドキドキしますね。諏訪野としてこれからいろんな事件だったり、心の秘密だったりが解決できるように、大勢の方の力を借りつつ、ひたむきに演じていけたらいいなと思っています。

【池田エライザ 曽根田みどり役】
初日を迎えて、なんというか新学期のような、少し晴れやかでむずがゆいような気持ちです。早く共演者の皆さんといっぱいお芝居を重ねて、皆さんにも登場人物たちの関係性の面白さをお見せしたいです。演じる私も自身もワクワクしていますし、この物語を皆さんにお届けできるということにもすごくワクワクしています。

【松雪泰子 立石聡美役】
初日というのは何回迎えてもドキドキしますね。これからこのチームで、人間的な心の交流を温かく感じていただけるような作品になるように、みんなで頑張っていきたいと思います。



■『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』
2022年10月期 土曜よる10時~
【初回放送】10月8日

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。