平野紫耀『クロサギ』詐欺師界のフィクサー役に三浦友和、複雑な師弟関係に注目

TV 公開日:2022/09/13 3
この記事を
クリップ

平野紫耀が主演の10月期 金曜ドラマ『クロサギ』(TBS、毎週金曜よる10時)に、俳優の三浦友和が出演することが発表された。詐欺師界のフィクサー・桂木敏夫(かつらぎ・としお)役を演じる。


「世の中には三種の詐欺師がいる。人を騙し、金銭を奪うシロサギ。色恋を餌にするアカサギ。そしてこの世で一羽だけ、シロサギとアカサギだけを餌とし喰らう最凶の詐欺師がいる。詐欺師を騙す詐欺師――その名は、クロサギ」。本作は、詐欺によって家族を失った主人公が「詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ」となって、本当の「敵」を探し出し打倒していく物語。


原作は黒丸・夏原武による漫画「クロサギ」シリーズ。今作は、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化。主人公・黒崎高志郎を平野紫耀(King & Prince)、ヒロイン・吉川氷柱を黒島結菜が演じる。2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が喰らいつく。





本日発表された三浦演じる桂木は表向きは甘味処の店主だが、実は詐欺師たちの頂点に立つフィクサー。詐欺師に必要な情報や、詐欺の方法を売ったりしている。黒崎も桂木から詐欺の情報を買い、儲けの4割を情報料として納めている。黒崎にとっては、詐欺の師匠的な存在だ。しかしなぜ黒崎は「クロサギ」として生きていくことになったのか?この桂木が深く関わってくることになる。


一見、穏やかで親子のような関係に見える桂木と黒崎だが、互いの腹の内を見せることは決してなく、一定の距離感を保っている。桂木と黒崎の複雑な師弟関係、物語が進むにつれて明かされる過去の真実にも注目だ。やがて桂木は、黒崎の前に立ちはだかる大きな壁となるのか。

三浦は『Nのために』(2014年)以来、約8年ぶりのTBS連続ドラマ出演となる。これまでに『流星の絆』(2008年)、『新参者』(2010年)など、TBSが誇る数々のヒットドラマで唯一無二の存在感を放ってきた三浦。本作では、表と裏の顔を持つ“詐欺師界のフィクサー”をどのように演じるのか。黒崎の因縁の事件に関わる重要な人物として、三浦が醸し出す重厚な存在感に期待が高まる。


また、初共演の平野と魅せる、桂木と黒崎の絶妙な距離感にもご注目いただきたい。社会の歪みと共に次々と生まれている「詐欺」。普通に生きているだけで、誰もが簡単に被害者にも加害者にもなってしまう現代社会の中で、「クロサギ」はどのように詐欺師と対峙していくのか。復讐劇の中で描かれる黒崎の葛藤や変容、そして複雑に絡み合う人間ドラマにもご期待いただきたい。



三浦友和 コメント

原作漫画を全巻読ませていただきまして、とても面白く、素晴らしいエンターテインメント作品だと感じました。いろいろな“詐欺”がある現代ですから、この作品をドラマでやることで、見てくださる皆さんにも用心していただけるんじゃないかと思います。

私は詐欺師界のフィクサーである桂木を演じますが、黒崎との関係性はとても複雑だなと思います。桂木は黒崎に対して息子のような情を持っているようにも見えますが、逆に黒崎は桂木をどう見ているのかということもあります。撮影では、黒崎が桂木に対してどのようなリアクションを見せてくれるのかも楽しみですし、演じていく中で関係性も変わっていくのかなと思います。初共演となる平野くんとの撮影も、楽しみにしています。

このドラマは“詐欺”がテーマになっていますが、その中で描かれる人間模様も見応えのある要素になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。


プロデューサー・武田 梓 コメント

詐欺という犯罪の在り方が時代と共に変わっていく中、常に頂点に君臨する「桂木」という存在を三浦友和さんにお引き受けいただき、とても身の引き締まる思いです。三浦さんご自身のアイデアもいただきながら作り上げた桂木像を、皆様にお届けできる日を楽しみにしております。黒崎にとって桂木は、一体どのような存在なのか。『クロサギ』という作品の大きな見所の 1 つ、何物にも例え難い 2 人の関係にもご注目ください。


(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)