田中圭、“寝癖を直さない癖”を告白「車から降りてきたらすんごい寝起き」

TV 公開日:2022/09/10 6
この記事を
クリップ

Huluオリジナル『死神さん2』配信記念イベントが10日、都内にて開催。田中圭山本舞香堤幸彦監督が登壇した。


本作は、大倉崇裕の小説『死神さん 嫌われる刑事』を堤監督がドラマ化した『死神さん』の続編。「死神」と呼ばれ警視庁で最も疎まれ嫌われている冤罪事件の再捜査に挑む刑事・儀藤堅忍を田中が、儀藤の“2代目パシリ”役・小刀祢葵を山本が演じる。





田中は、同作シーズン1の撮影が終わる前から続編を熱望していたそうで、「すごく“2”の撮影に入るのが楽しみでした」と歓喜。前作に引き続き演じる儀藤だが、「1とは自分的に結構変えたいところがあって。あえて1を見ないで撮影に入った」とし、堤監督は「笑い方が違う」「腰の曲げ方も角度が深くなっていた」と変化を明かした。

.

また山本は「堤さんって本当に誰でも知っている監督だと思うので、私はイン前、衣装合わせの段階から緊張していた」と告白。緊張しながら段取りを行っていると、本番前に堤監督が演技を付け足すことがあったそうで、山本は「それがもうパニックで。汗かきながら必死」と振り返った。山本は「面白さをどんどん増やしてくださっている」と堤監督の思いを受け止めながらも、「それに応えるのに精一杯で、その時の記憶がほぼない」と明かした。


田中演じる儀藤が“クセモノ刑事”であることにちなんだ「実は私、こんな癖があるんです」というトークテーマでは、山本が「いつも買い物する時、洗剤とかウェットティッシュとか、2、3個以上買っちゃう」と打ち明ける。「柔軟剤は絶対にストックが絶対に5本以上あって、ウェットティッシュは20袋くらいあって。それってどうしたらいいですか」と尋ねたが、田中も堤監督も「いいと思います」と応じた。


田中は「『死神さん2』の現場だから許された」と前置きし、「寝癖を直さない癖がある」と告白。「ひどい寝癖で現場に行ってしまう。朝、鏡を見なかったりとかして。あまりにも寝癖がすごい時って、直すのにも時間がかかるじゃないですか。『死神さん2』はかつらなので、まじで気にしなくてよかった。すごい楽でした」と語った。山本は「車から降りてきたらすんごい寝起きの寝癖がすごい田中さんが車の横を通っていく」と現場の様子を説明していた。


Huluオリジナル『死神さん2』は、9月17日(土)独占配信スタート[全6話]※毎週1話ずつ配信


©HJ ホールディングス

Huluオリジナル『死神さん』シーズン1全6話も独占配信中。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 27件)