『テッパチ!』町田啓太の相棒への涙にもらい泣き、衝撃の展開に絶句

TV 公開日:2022/09/13 9
この記事を
クリップ

まさか、馬場(佐野勇斗)の自殺未遂…。衝撃、最悪の展開となってしまった『テッパチ!』第10話。


冒頭は広報活動の一環として宙たちがテレビのお見合い番組「マッチング応援団」に出場するところからスタート。そこで馬場が出会ったのはマジメで家庭的な女性、葵(矢作穂香)。宙(町田啓太)はといえば、ちょっとヤンキーっぽい愛梨と「四槓子」や「盲牌」など麻雀話で大盛り上がり。宙って、もしかしたらこういうノリの女性のほうがあっているのかもしれない。告白タイムでは宙は愛梨、馬場も葵からOKをもらい、カップル成立。もちろん、宙をじぃ~っと見ていた冬美(白石麻衣)はご機嫌ななめ。


番組撮影が終わり、会場の椅子を片付けていた冬美を宙が手伝おうとするも、不機嫌さを隠そうともせず「好きにしなさい」と。どんだけ不器用なんですか。だけど、倉庫に閉じ込められたとき、相手の女性から連絡先を聞いてないという宙に冬美はほっとひと安心。「もしかして気にしてくれてた?」という宙に焦って否定をする冬美。それにしても「自衛隊を身近に感じてもらうために、盛り上げただけだし」と、当然のように言う宙が格好良すぎた。


馬場が念願の音楽隊に入るためのオーディションを受けられることに。ただし、受けるのは音大卒の自衛官ばかり。自衛隊の音楽隊に入るのは、とても狭き門で難しいのである。馬場が宙に報告すると、「俺も全力で応援する」と、まるで自分のことのように喜ぶ宙。仲間のことを思って浮かべた表情にグッとくる。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 19件)