『霊媒探偵・城塚翡翠』千和崎真役は小芝風花 役のため髪切り“大人の女性”に

TV 公開日:2022/09/09 6
この記事を
クリップ

10月スタートとなる新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』。清原果耶瀬戸康史に続き、主人公・城塚翡翠を仕事とプライベートの両面から支える、アシスタント・千和崎真(ちわさき まこと)役に、小芝風花の出演が決定した。


【関連】清原果耶&瀬戸康史『霊媒探偵・城塚翡翠』クランクイン 事件を感じさせるシーン写真公開



このドラマは、“霊が視える”という能力を持つヒロインが、死者からのヒントを頼りに、「霊媒探偵」として難解な事件と向き合っていく物語。霊視には証拠能力がないため、誰からも信じてもらうことができない。では、一体彼女はどんな方法で事件を解決に導いていくのか?緻密に構成された物語が、あっと驚く展開につながっていく、新たなミステリードラマが誕生する。


原作は、相沢沙呼による累計55万部突破の大ヒット小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)。「このミステリーがすごい!2020年版」(国内編)1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした超話題作が、ついにこの秋連続ドラマになる


主人公・城塚翡翠を公私ともに支えるアシスタント 千和崎真を演じるのは、数々のドラマや映画、CMなどで、可憐なヒロインからコメディエンヌまで幅広い演技を披露する若手実力派女優・小芝風花。


出演決定に際し、小芝は「一筋縄ではいかないというか、いい意味で色々裏切られる作品」とコメント。「千和崎 真は、一番、翡翠ちゃんが心を許している相手でもあるので、しっかり支えられるような人になれたら」と意気込みを語った。また清原も、「翡翠と真ちゃんは距離が近い役なので仲良くなりたいと思って、初めてお会いした時からたくさん話しかけてしまいました」と笑顔を見せ、「これから美味しいごはんを食べに行ったりしたいです!」と話した。


1/2ページ