『魔法のリノベ』波瑠&間宮祥太朗の告白シーンに「ニヤニヤ止まらない」好感度大の空気感

TV 公開日:2022/09/08 16
この記事を
クリップ

「ニヤニヤが止まらない」
「この2人だからお似合い」
「とってもとっても素敵な始まり」


波瑠主演、間宮祥太朗が共演する月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系)。第8話では梅玄コンビが「始めてみましょうか」と一歩踏み出す。視聴者の誰もが“付き合うならこの2人”と感じられたのは、これまで少しずつ歩み寄る2人の空気感を味わってきたから。お互いの気持ちが少しずつ変化していく過程を振り返りながら、第8話の告白シーンを味わいたい。

(以下、第8話ネタバレあり)



思い返すと、2人がお互いのことを意識しだしたのは第4話の玄之介(間宮祥太朗)の言葉からだったのではないだろうか。

「僕のリノベーションは 小梅さんと出会ったことかもしれません。」

詫びるだけでなく、腹を割ることも必要だと学んだ玄之介が小梅(波瑠)に対して腹を割った瞬間だ。告白のような言葉に、小梅はあたふたしてしまい受け応えがおかしくなっていた。この時からお互いを意識し始めていたように思う。



第5話では玄之介の胸のうちが明かされた。依頼人の鎌田(岩松了)が近所に住む山田(中田喜子)の前ではカッコつけたくて、家は売らず近くに居たいと思いを玄之介に打ち明けた時。

「自分も同じなんで」と鎌田に同調した玄之介。

そして5話では小梅の言葉からも、2人の距離が縮まったように感じられた。

「私のリノベーションも 玄之介さんに出会ったことです。」

それぞれがお互い影響し合っていることに気付いた瞬間だ。



梅玄コンビの可愛さが詰まっていた第6話では、初めて玄之介の気持ちが語られた。

<僕たちはパートナーで…。それ以上でもそれ以下でもない。こんなふうに仕事ができる毎日で…。十分だ。>

小梅を想うも、距離感を大切にしたい気持ちが表れた言葉。小梅も玄之介を意識しているが、前職での出来事もあり職場に恋愛を持ち込むことを恐れている様子だった。



前回の第7話は玄之介の気持ちはほとんど語られず。小梅はというと実家のある静岡へ。実家での滞在が長引くことを玄之介に伝えても、特に必要とされずあっさりとした返答。

「小梅さんがいないとダメなんです」

といった言葉を期待していた小梅は拍子抜けしてしまう。さらに友達のミコト(SUMIRE)が玄之介と一緒にいることにも嫉妬。この時点で相当小梅は玄之介を意識していた。


1/5ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)