『テッパチ!』白石麻衣、町田啓太と2人きりで話す重要シーン終えクランクアップ

TV 公開日:2022/09/09 16
この記事を
クリップ

現在放送中の水10ドラマ『テッパチ!』は、主演・町田啓太と共演・佐野勇斗白石麻衣北村一輝ら実力派俳優陣でおくる完全オリジナル企画。防衛省全面協力のもとお届けする今作は、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語。未熟な若者たちが、陸上自衛官になるべく、さまざまな厳しい訓練を乗り越え、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙…など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。


【関連】町田啓太が魅せる、応援したくなる愛すべき姿にハマる


このほど、白石麻衣と北村一輝がそれぞれクランクアップを迎えた。白石が最後に撮影したのは、町田啓太演じる宙と2人きりで話すある重要なシーン。容姿端麗で防衛大学卒のエリート自衛官・桜間冬美を見事演じきった白石は、全てのシーンを撮り終え、スタッフから「白石麻衣さんクランクアップです!」の声が上がると、盛大な拍手が贈られた。花束を受け取った白石は「ありがとうございました。すごく楽しかったです。暑い日の撮影もあったので大変だった時もありましたが、町田さんをはじめキャスト・スタッフさんのおかげですごく楽しく撮影ができました」とコメント。そして、「自衛官という職業に今まで触れる機会が少なかったのですが、この作品を通して改めて自衛官のすごさ、偉大さに気付けて、貴重な経験をさせて頂きました。終わってしまうのは寂しいのですが、あともう少し皆さん頑張って下さい!本当にありがとうございました」と深く頭を下げ、愛あふれる感謝の言葉を述べた。

北村の最後の撮影シーンは、町田をはじめ、佐野勇斗、工藤阿須加桐山漣久保田悠来結木滉星らとのシーン。さまざまな事情を抱えた自衛官候補生や自衛官たちを教官という立場で温かく見守ってきた八女3佐を演じた北村のラストカットのOKが出ると、スタッフの掛け声よりも前に北村自ら、「これを持ちまして、八女教官役・北村一輝さんクランクアップとなります」と締めようとする姿に共演者からは「早い早い!」と突っ込まれ、笑いが巻き起こる。そんな中、改めてスタッフからクランクアップの声を掛けられ、町田より「お疲れさまでした」と花束が渡されると、「(まるで知らなかったかのように)え~!マジですか!?花なんて頂けるんですか!ありがとうございます!」とあえてオーバーリアクションをする北村に、そばにいた町田も「絶対、知ってたやつじゃないですか(笑)」とツッコみ、一同大爆笑。


最後に一言を求められると「いろいろと大変な時期での撮影で、スタッフ・キャストの皆さん大変だったと思います。キャストも第一部、二部と変わって大変だったと思いますが、その中でも本当に町田君がストイックでよく頑張っていて精神的にも強いな、と思いました。一度も諦めずに最後まで乗り切ろうとする姿勢は、私は先輩ではありますが、見ていてすごく勉強になりました。あと少し撮影が残っていると思いますが、皆さん最後まで頑張ってください。スタッフ・キャストの皆さん、本当にありがとうございました」と深々と頭を下げ、感謝のメッセージと町田へのねぎらいの言葉を掛けた。


そして、最後の最後に目の前のメイキングカメラに徐々に近づきながら…「幸せです。私はこの作品に出られて本当に幸せでした。ありがとうございました!」と満面の笑みでカメラアピール。共演者からは「あれ、なんかおかしいな」とツッコまれ、町田が佐野に「(北村さんのわざとらしさが)おかしいよな?(笑)」と話すと、北村は佐野を見て「やっと出会えたね…」と熱いまなざしを送る。すると、佐野が「それ、僕(M!LK)の歌っすね(笑)」と即ツッコみ!最後まで北村ワールドがさく裂し、終始笑いに包まれた。


“やけっパチ”な考えで陸上自衛隊の道へ進んだ青年たちが、陸上自衛官になるべく悪戦苦闘しながらも、日々成長していき、自衛官にとって身を守る鉄帽=“テッパチ”をかぶるにふさわしい一人前の自衛官になったとき、未熟で“やけっパチ”だった人生が、本物の“テッパチ”人生へと変わっていく―笑いあり!涙あり!知られざる陸上自衛隊の内情をリアルかつコミカルに描き、“今の私たちに必要なこと”を改めて感じさせてくれる熱血青春ドラマ『テッパチ!』。最終話は、来週9月14日(水)22時から放送。最後までお見逃し無く。


©フジテレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)