南沙良×鈴鹿央士『君に届け』ドラマ化決定 2023年3月Netflixにて全世界独占配信

TV 公開日:2022/09/07 4
この記事を
クリップ

テレビ東京は、Netflixと共にNetflixシリーズ『君に届け』を共同制作する。


【関連】南沙良、共演のなにわ男子大西流星と「若者トークは一切してない(笑)」



原作は、2006年から2017年まで『別冊マーガレット』(集英社)で連載され、第32回講談社漫画賞(少女部門)を受賞した椎名軽穂の代表作。高校生のリアルで甘酸っぱい恋愛模様が男女問わず人気を集め、アニメ化・実写映画化・ゲーム化など様々なジャンルで魅了し続けてきた。そしてこの度、ドラマ版の爽子を演じる主演の南沙良、また共演に風早を演じる鈴鹿央士という爽やかなキャストと共に、連続ドラマとして新しい『君に届け』をお届けする。


長い黒髪と青白い肌のため周囲から“貞子”と呼ばれクラスメイトに馴染めずにいる黒沼爽子。映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビューを果たし、映画『この子は邪悪』で主演をつとめた南沙良が演じる。


そんな爽子とは対照的に明るい性格で男女問わず好かれているクラスの人気者・風早翔太。映画『蜜蜂と遠雷』の天才ピアニスト役で高い演技が評価され映画やドラマに引っ張りだこの鈴鹿央士が演じる。


本作の監督を務めるのは、新城毅彦と菊地健雄。新城は『あすなろ白書』や『イグアナの娘』など、大ヒットドラマを世に送り出し、『僕の初恋をキミに捧ぐ』や『潔く柔く』といった少女漫画原作の恋愛映画を手掛けたことから胸キュン映画の巨匠と呼ばれている監督の一人。菊地は『ディア―ディアー』で長編デビューし、『ハローグッバイ』『望郷』両作品で第9回TAMA映画賞最優秀新進監督賞とおおさかシネマフェスティバル2018新人監督賞を受賞するなどその後も次々に作品を発表し続けている実力派。


キラキラ眩しい青春模様が生み出す『君に届け』は、2023年3月Netflixにて全世界独占配信、注目だ。


1/2ページ