松本潤、徳川家康の趣味に体当たりで挑戦 『どうする松本潤?』第2弾放送決定

TV 公開日:2022/09/06 4
この記事を
クリップ

松本潤が出演の『どうする松本潤?徳川家康の大冒険2』(NHK BSプレミアム・BS4K)が、9月10日(土)19時30分より放送される。


同番組は、来年の大河ドラマ「どうする家康」で徳川家康を演じる松本潤が、家康の素顔を求めて旅をする歴史ドキュメント。前回3月に第1弾を放送し、今回が第2弾となる。今回は松本が愛知県、岐阜県、山梨県、京都府をめぐり、「家康はなぜ天下人になれたのか」を探るべく家康が当時取り組んでいたことを体験し、その秘密に迫る。





幾度となく襲いかかる人生の危機の中で、家康が熱心に行っていたのは戦や政争ばかりではない。実は、家康が人知れず、日々熱心に取り組んできた「趣味」の中に、家康が危機を乗り越え、天下人にのぼりつめることができた秘密が隠されている。家康が打ち込んだ趣味の数々を松本潤が体を張って実際に体感。さらに、「最も家康に似ている」といわれる普段は非公開の家康・等身大の木像や、徳川宗家・次期当主の徳川家広さんも登場。教科書には載っていない知られざる徳川家康の人物像に迫る。


番組では3つの“どうするポイント”を挙げ、「家康はなぜ天下人になれたのか?」を探っていく。

「乗馬」天下人への道は「負けても死なない」こと。三方ヶ原の戦いで武田信玄に惨敗し、絶体絶命の危機に陥った若き日の家康。「生きていてこそ次がある!」。どんな状況であっても最後は逃げて命をつなぐために、家康がのめり込んだのが「乗馬」だった。日本伝統の古馬にまたがり、「家康の逃げの乗馬術」に迫る。


「たか狩り」天下人への道は「誰よりも長生きする」こと。ライバルたちが次々と病死する中、家康の秘策は「ライバルたちよりも長生きすること」。健康オタクへの道を邁進する家康がことのほか重視したのは「たか狩り」だった!75 歳という驚きの長寿を全うし、天下人レースを逃げ切った家康健康長寿の秘けつに迫る。


「聞香」 天下への道は「己に勝つ」ことでは、誰が敵で誰が味方なのか?陰謀渦巻く心理戦を勝ち抜いた家康の強さは、どんな状況下でも冷静さを失わないメンタルの強さでもあった。それを支えていた家康の趣味こそが「香」。家康がのめり込んだ「聞香」とはどんな世界なのか?家康考案のオリジナル香の再現にも挑戦する。



木道壮司チーフ・プロデューサーコメント

天下人となった徳川家康は、神君・家康公として神格化され、「いかにエラい人か」を伝える記録ばかりが残されています。本当の人間・家康とはどのような人物だったのでしょうか?今回、そんな家康の素顔を探るため、家康がのめり込んでいた「趣味」を、松本さんが家康の気持ちになりきって体当たりで挑戦!そこからどんな家康像を発見すことができたのでしょうか?歴史の裏側を松本さんと一緒に探っていけば、2023 年の大河ドラマ「どうする家康」がより楽しくなること間違いありません。

※本記事は掲載時点の情報です。