有村架純が見せた“演技のない演技” 自然な表情に注目のポッキー新TVCM

TV 公開日:2022/09/06 13
この記事を
クリップ

江崎グリコ株式会社は、ポッキーのイメージキャラクターとして、有村架純を起用した新TVCMのシリーズ第1弾「いつかさそおう、を今日さそおう。」篇(30秒)を9月9日(金)から全国で放映する。


新TVCMのシリーズ第1弾「いつかさそおう、を今日さそおう。」篇は、昨今人と人の距離が遠くなりがちな日々の生活の中、心のつながりまで薄くならないよう「勇気を出して、大切な人に声を掛けてみませんか」というメッセージを込め、「さそおう。」のフレーズをコンセプトとして企画。「さそおう。」という気持ちの中には、誰かと会えるワクワクや、断られるかもしれないというドキドキが存在している。



しばらく会うことができなかったあの人に声を掛けるならなおのこと、身近な友達や、一緒に暮らしているけど忙しくて擦れ違いがちな夫婦、成長とともに話をするのが恥ずかしくなってきた親子だってそうかもしれない。そんな時、ポッキーを“口実”にして、大切な人を誘ってみてはどうだろうか。「一緒に食べよう」と声を掛けたり、ポッキーをつまみながら散歩に出かければ、ちょっと空いてしまった間を埋めてくれるアイテムになってくれるはず。このCMでは、人とのつながりを深めてくれる存在としてポッキーを表現している。


この「いつかさそおう、を今日さそおう。」篇では、主人公の有村架純が、勇気を出して「さそおう。」と決意する前向きな気持ちを描き、今後も人と人をつなぐポッキーの魅力を伝えていく予定だ。


<撮影エピソード>

「さそおう。」の気持ちが伝わるよう、最も重視されたのが「自然な表情」。“演技のない演技”を求められる有村がカメラ前でリラックスできるよう、周囲のスタッフも笑顔で撮影を開始。友達に手を振るシーンは数回繰り返されたが、有村が「暑いよね~!」と“心の言葉”を発したテイクが見事にOKとなった。


ポッキーを食べるシーンは、カメラを長回しして、楽しく話す中でおいしそうな笑顔を見せる有村を撮影。有村は“ポキッ!”と鮮やかな音を立てながらポッキーを食べ、「すっごくおいし~」とニッコリ。さらに撮影を続ける中で「ポッキーを考えた人、天才だと思う」と絶賛していた。


有村が友達と過ごすシーンは、気心の知れた監督が相手役として談笑する表情を撮影。新しい作品への意気込みなど、笑顔で話す有村が映像に収められている。監督が撮影スタッフに対して、「誰かやる?」と有村の相手役を募るひと幕も。率先して手を挙げた女性スタッフがドキドキの表情でトーク相手を務めた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ