松本潤主演大河ドラマ『どうする家康』タイトルロゴに込められた“深いメッセージ”

TV 公開日:2022/09/05 9
この記事を
クリップ

松本潤が主演を務める2023年放送のNHK 大河ドラマどうする家康』のロゴが発表された。



本日発表されたロゴは、浅葉球・飯高健人・石井伶の三人のグラフィックデザイナーで活動するデザインユニット“GOO CHOKI PAR”が手掛けた。 言語・思考を超えた「ビジュアルコミュニケーション」を主軸とし、様々な領域で創作活動を行っており、これまでに ISSEY MIYAKE、NIKE、Redbullなどのグラフィックを手がけ、 「東京 2020 大会」において、パラリンピックのアイコニックポスターを制作。NY ADCGold, One Show Gold, D&AD Yellow Pencil 等受賞している。



ロゴのコンセプト

どうする、どうする。

家康の頭の中は、ぐるぐるぐる。

行ったり来たり、巡り巡って

気づけばまるっと天下統一。

強くもあり、弱くもある。

怒りもあり、優しさもある。

時代の激流のなかで、揺れ動く家康の人間味あふれる生き様。

松本潤さんが表現する新しい家康像を、

有機的かつ躍動感のある文字の表情で描き出したいと考えた。

悩みながら、翻弄されながらも、なし得た天下統一の偉業。

円形の塊は、一本道ではいかず必死に時代を転がり続けた家康の人生の旅路を表現している。



制作統括 磯智明チーフ・プロデューサー コメント

GOO CHOKI PAR というユニークなユニット名の若い3人組デザイナーに「どうする家康」タイトルロゴをお願いしました。ちなみに3人の名刺にはグーチョキパーのマークが書かれていて、ジャンケンができるようになっています。

彼らがつくったロゴは全く意表を突いた、丸いマークのロゴでした。家康の人生は波乱万丈で、必死に転がり続けるようで円形になったと......。そう言われれば、徳川家の葵の御紋のようにも見え、家康の和を尊ぶ精神を表現しているような。家康が目指したのは四角四面でなく、多様な価値観を受け入れる丸い世の中でした。甲冑にロゴを重ねたイメージ画は、鎧に家康の刻印が押され、彼の不屈の生き様、不動の精神を示しているようにも見えます。

大河ドラマのタイトルロゴとしてはちょっと変わっていますが、そこには深いメッセージが込められています。ドラマともども親しんでいただけるとうれしいです。 放送開始まで、もうしばらくお待ちください。

※本記事は掲載時点の情報です。