福原遥『舞いあがれ!』で夢見ていた朝ドラヒロインに「作品をたくさんの人に届けたい」

10月3日(月)から放送がスタートするNHKの連続テレビ小説『舞いあがれ!』。“ものづくりの町”東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島を舞台に、さまざまな人たちと絆を深め合いながら、空を飛ぶ夢を向かっていく姿を描いた物語で、夢にまい進する主人公・岩倉舞を演じるのが女優・福原遥だ。小学生から芸能活動を行っている福原が「ずっと夢見ていた」という朝ドラヒロインに挑む思いを語った。





「おひさま」を見て朝ドラに魅了!


福原と言えば、NHK・Eテレにて放送されていた子供向け料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」の主人公・まいんちゃんとしてお茶の間の人気を博していたが、連続テレビ小説を意識したのは、2011年に放送された「おひさま」を観てからだという。


当時中学生だった福原は「学校のことや仕事のことなど悩んでいた時期だったんです」と振り返ると「(井上真央演じる)ヒロインの陽子が、困難があっても明るく前向きに進んでいく姿を見て、自分の捉え方一つで大きく変わるんだとすごく勇気をもらいました。自分もいつかこんな素敵な作品に出られたら」と“朝ドラ”という作品への思いが募ったという。


そして2021年、2545人のオーディションを経て、朝ドラヒロインに選ばれた。「まさかと思いました。実感が沸かないけれど涙が出てしまって……」と率直な感想を述べると「ずっと夢に見ていたというか、出演したいと思って頑張ってきたので、いま私が持っている力を全部出し切って、観てくださる方に前向きなメッセージを届けたいです」と抱負を語った。


福原が朝ドラヒロインを務めることが発表された際、とても反響が大きかったという。「携帯が鳴りやまなかったです」と明かすと「ちょうどオーディションを受けたとき、作品をご一緒していた方々も、自分のことのように喜んでくださったので嬉しかったです」と笑顔を見せる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)