瀬戸康史『霊媒探偵・城塚翡翠』で清原果耶とバディに「リピートして何度も見たくなる」

TV 公開日:2022/09/05 5
この記事を
クリップ

10月スタートとなる新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』。主演の清原果耶に続き、主人公・城塚翡翠と共に事件に立ち向かう推理作家・香月史郎役に、瀬戸康史の出演が決定した。



このドラマは、“霊が視える”という能力を持つヒロインが、死者からのヒントを頼りに、「霊媒探偵」として難解な事件と向き合っていく物語。霊視には証拠能力がないため、誰からも信じてもらうことができない。では、一体彼女はどんな方法で事件を解決に導いていくのか。緻密に構成された物語が、あっと驚く展開につながっていく、新たなミステリードラマが誕生する。


原作は、相沢沙呼による累計55万部突破の大ヒット小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)。「このミステリーがすごい!2020年版」(国内編)1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした超話題作が、ついにこの秋連続ドラマになる。


主人公・城塚翡翠とともに難事件に立ち向かう推理作家 香月史郎を演じるのは、数々のドラマや舞台、映画で活躍中の実力派俳優・瀬戸康史。清原とはドラマ『透明なゆりかご』(2018年7月放送)以来4年ぶりのタッグとなる。今回の再共演について瀬戸は「(前作の頃から)お芝居がとても上手だなと感じていました」「“降霊”のシーンを今から楽しみにしています!」とコメント。また、清原も「あの頃とはまた違った役柄の距離感で、胸を張って現場でご一緒できるように頑張りたいと思っています!」と気持ちを新たにしている。


物語の中に<ある大きなサプライズ>が用意されているという本作。散りばめられた伏線の数々を、見逃さないようにしよう。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)