『オールドルーキー』最終回のアスリートゲストはカレン・ロバート「すごく共感できました」

TV 公開日:2022/09/03 6
この記事を
クリップ

綾野剛主演で毎週日曜よる9時から放送している日曜劇場『オールドルーキー』。9月4日(日)放送の最終回のアスリートゲストとしてカレン・ロバートが出演する。



【写真】最終回新場面カットをもっとみる

先日放送した第9話のラストでは、ドーピング問題が発端となり新町(綾野剛)が社長の高柳(反町隆史)からクビ宣告を受けるという衝撃の展開を迎えた。最終回では、解雇となった新町の代わりに光岡(勝村政信)が伊垣(神尾楓珠)の海外移籍の代理人を引き継ぐも、移籍交渉が暗礁に乗り上げてしまう。そんな中、伊垣もメンバーのひとりとして招集されているサッカー日本代表戦の試合が行われる。カレンが演じるのは、その日本代表メンバーの一員。カレンがドラマに出演するのは本作が初となる。


カレンは高校卒業後、日本のプロサッカーチームに加入。2年目にJリーグ新人王のタイトルを獲得するほどの活躍を見せ、期待の若手 FW として U-20 日本代表、U-23 日本代表にも選ばれた。日本、オランダ、タイ、韓国、インド、イングランドの世界6か国でプレーし、ヨーロッパ1部リーグで10番をつけた数少ない日本人選手の一人だ。現在は千葉県リーグのチームで選手兼オーナーとしてクラブ経営にも携わるなど、新たなキャリアを切り拓いている。現役のサッカー選手であるカレンが最終回に彩りを添える。試合のシーンにご期待いただきたい。


また本作は日本サッカー協会の協力を受けており、第1話では新町が活躍していた2009年のFIFAワールドカップ最終予選当時の日本代表のユニフォーム着用をバックアップしてもらった。そして最終回では、今年カタールで行われる FIFA ワールドカップ2022で日本代表が着用予定のサッカー日本代表新ユニフォームをどこよりも早く着用することが決まった。日本代表のユニフォームは先日発表されたばかりの新しいデザインのもの。特別にどこよりも早くドラマ内の日本代表たちが着用して戦いに挑む。この前代未聞のコラボレーションによって、よりスケールが大きく、リアルに物語をお届けすることができることとなった。


さらに、最終回では東京2020オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムであり、スポーツ界の“聖地”国立競技場での撮影を敢行。数々の歴史を刻み、多くの感動を届けた「国立競技場」での撮影もスケールが大きく、ドラマでの撮影は初。こちらも前代未聞のコラボレーションとなっている。最終回において最も重要なシーンで登場する「国立競技場」。その圧倒的な存在感が、ストーリーにより緊張感を生み出している。新町は、スポーツマネージメントに携わって初めての“夢”である「伊垣を海外移籍させる」という目標を成し遂げることができるのか・・・。衝撃の展開が続く『オールドルーキー』。クライマックスまで目が離せない最終回を楽しみにしたい。


カレン・ロバート コメント

これまでドラマは見る専門でしたので、このドラマの出演の話を聞いた時は、まさか自分に出演のお話が来るなんて思いもしなかったので、シンプルにびっくりしました。初めての撮影現場は、本番に入るまでのリハーサルを含めた入念な準備や、ドラマ制作に関わる人たちの数や機材の多さに驚きました!

このドラマは主人公が元サッカー選手ということもそうですし、僕自身が海外移籍時に代理人に騙された経験があったので、ストーリーにはすごく共感できました。最終回の展開がとても楽しみです。スポーツアスリートのリアルな裏側がたくさん描かれているので、最終回も絶対見てほしいです!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)