三山凌輝、川村壱馬&吉野北人が明かした事実に困惑『MUSIC BLOOD』収録レポートが到着

TV 公開日:2022/09/02 16
この記事を
クリップ

毎週1組のアーティストを迎え、彼らの中に今も血液として脈々と流れる思い入れのある音楽や、背中を追い続けるアーティストにまつわるトークをしつつ、ライヴ映像で紐解く新感覚の音楽番組『MUSIC BLOOD』。


今回のゲストは9月9日公開の映画『HiGH&LOW THE WORST X』に出演する川村壱馬吉野北人(ともにTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、三山凌輝BE:FIRST)、中本悠太NCT 127)だった。





トークでは4人の関係性や所属する各グループに対する素朴なギモン、さらには4人それぞれのBLOOD SONGについて語ってもらった。ライブでは映画『HiGH&LOW THE WORST X』の劇中歌である『Wings』を披露。ここではオンエアに入りきらなかったシーンも含めて、収録の裏側の一部をリポートする。


ゲストは映画『HiGH&LOW THE WORST X(クロス)』に出演する4人。昨年東京ドーム2DAYS公演を成功させたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEから川村壱馬と吉野北人が、そして今年発表したBye-Good-Byeのストリーミング再生数が1億回を超えたBE:FIRSTより三山凌輝、そして昨年、米国ビルボードランキング4部門で1位を獲得したグローバルボーイズグループ、NCT 127の日本人メンバーである中本悠太。今回はこの4人でMUSIC BLOODに初参戦。人気沸騰の3グループのメンバーによる夢のコラボスペシャルだ。


人気のグループから4人のメンバーが集結するということで、田中圭が「画面の向こう側から黄色い声援が聞こえてきますねー」と、のっけからあおりつつ「雄大、今回のゲストのヒントを!」と、恒例のジェスチャーヒントを千葉雄大にオーダー。ヤンキー風のモノマネをした千葉が「行くぞてめえら!」と言いつつ、早足でカメラに近づいたところで今回もスタートした。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 13件)