町田啓太が魅せる、応援したくなる愛すべき姿にハマる

TV 公開日:2022/09/07 16
この記事を
クリップ

冬美からの要件はラグビー部勧誘の話だった。がっかりする宙だったが、「あなた、ラグビーから逃げてるんじゃない?」と言われて、ちょっと苦しそうにまゆをしかめる。以前、宙が持ち場を離れたため、ケガをしたスケートボードの五輪候補生・芝山(水沢林太郎)が復帰に向けリハビリに頑張っている話を持ち出し「そんなあなたが、彼にもう一度再起しろなんて言っていいのかな?」という冬美。


宙も「俺にどうしろっていうんだよ」。すると、ラグビーの練習試合に「一緒に行きましょう」という冬美の言葉に「わかったよ。一緒にいきゃぁいいんだろ、い…えっ!?」。ついに待ちに待ったドキドキ展開が…?一瞬、あっけに取られた宙の表情が面白かわいすぎる。


宙は白のインナーに黒シャツ、デニムに白のスニーカー。完全に夏の爽やかコーデ。一方、いつも後ろに縛っていた髪をほどいた冬美も私服バージョン。このギャップ、たまりません。完全に宙のハートをいとめる。「私服…かわいいっすね。あと髪型もステキっす」と、開口一番にほめる宙。



また、ラグビーの練習試合を観戦しながら、冬美にラグビーのことについて説明する宙はホントに“いい顔”をしていた。バックで流れる馬場のトランペットとあいまって、雰囲気も抜群。SNSでは「宙君、冬美さんとデート出来て良かったね」「ラグビー、一緒に見れて良かった」「嬉しそうにラグビーの解説をする横顔が…尊い」などの声が相次いだ。


最後は大木班メンバーそろっての飲み会。風間(工藤阿須加)の女性問題に始まり、ちょっとバラバラになりかけた大木班だけど、風間が今後の進みたい道を明かすことで、ようやくいつもの結束を見せた。


そして合コンの王様ゲームで大木(久保田悠来)のことを思って風間がアシストしたことを馬場にバラされたときのこと。「照れんな、照れんな」と気軽に風間の肩を叩く宙に「お前はまだ早い」とスゴまれ、ビビる宙。「ウソだよ、冗談だよ」と言われ、ほっとひと安心。思ったことがすぐに顔に出る素直さも、宙のいいところ。


と、思ったら終わる間際、「まさか、俺があんなことをしてしまうなんて。このときは俺にも、誰にも、そう、宙くんにもわかっていなかったんだ」と不穏なモノローグが。第10話は何が起きるのか。


文:今 泉

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 19件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント