黒島結菜『ちむどんどん』クランクアップでコメント「現場に行きたくないと思う朝は一度も無くて」

TV 公開日:2022/09/01 1
この記事を
クリップ

現在放送中の連続テレビ小説ちむどんどん』は、およそ11か月にわたる撮影を、昨日、8月31日に終了した。昨年9月にクランクインし、ヒロイン・暢子を演じきった黒島結菜、そして制作統括・小林大児からのコメントも到着。暢子の料理、ふるさとへの思いと比嘉家それぞれの奮闘を描く物語は続くため、引き続き注目だ。


【関連】『ちむどんどん』黒島結菜×宮沢氷魚の対談や仲間由紀恵へのインタビュー、ガイド発売



【ヒロイン・黒島結菜さん(比嘉暢子 役)コメント】
暢子という役を1年間やりきれたことはすごく幸せでした。大変な時期もありましたが、撮影現場に行きたくないと思う朝は一度も無くて、毎日ここに来て作品を作ることがとても楽しかったです。私の地元・沖縄が舞台となった家族の絆の物語で、おいしい食べ物がたくさん出てきて、この作品のいろいろなものにたくさん助けられてここまでやってこられたと思います。暢子という明るくて、前向きで周りのみんなに愛されているキャラクターにも助けられ、撮影を無事に終えることができました。本当にありがとうございました。

【撮影終了にあたり 制作統括 小林大児】
黒島結菜さん、キャスト・スタッフの皆さま、撮影にご協力いただいた皆さま、舞台地となり、地域を盛り上げてくださった皆さま、ありがとうございました!そして、無事に撮影終了を迎えられたのは、比嘉家の面々を温かく見守ってくださる視聴者の皆さまのご支援のおかげです。こころより感謝申し上げます。「ちむどんどん」の放送はまだまだこれから、四兄妹のさまざまなドラマが描かれていきます。それぞれの道を歩き、困難やすれ違いがあっても、ふるさとの味が、そして思い出が心をつなぎ、互いを支え合いながら歩いていきます。沖縄の本土復帰から50年を経て、笑顔で暢子の料理を囲む―――そんな最終回を目指して。最後まで、見守っていただければ幸いです。



(C)NHK

※本記事は掲載時点の情報です。