『オールドルーキー』勝村政信が代理人役で出演 綾野剛“新町”に代わり神尾楓珠“伊垣”を担当

TV 公開日:2022/08/31 5
この記事を
クリップ

綾野剛主演で毎週日曜よる9時から放送している日曜劇場オールドルーキー』。9月4日(日)放送の最終回に、伊垣尚人(神尾楓珠)の海外移籍を担当する代理人役で勝村政信が出演する。


【関連】『オールドルーキー』いつもと違う…ラストシーンで感じた不協和音、綾野剛の“本気演技”に圧倒



先日放送した第9話のラストでは、ドーピング問題が発端となり新町(綾野剛)が社長の高柳(反町隆史)からクビ宣告を受けるという衝撃の展開を迎えた。誰もが今後の展開を予想できない最終回で勝村が演じるのは、「ビクトリー」を解雇となった新町の代わりに、伊垣の海外移籍を担当することになる百戦錬磨のスゴ腕代理人・光岡浩明。


勝村は舞台やドラマ、映画だけでなくバラエティ番組や教養番組などジャンルを問わず活躍している。サッカー関連番組では番組開始当初からレギュラーMCを務め、生粋のサッカーファンとしても知られている。


代理人としての腕は確かだが、過去に海外移籍で騙された経験がある伊垣は光岡のことがどうしても信用できない…。果たして、伊垣の海外移籍の行方は…?


新町と高柳の対立が「ビクトリー」のメンバーにも影響し、会社はバラバラに…。新町は、伊垣を海外移籍させるというスポーツマネージメントとして最初で最後の“夢”に向かい、前だけを見て最後まで走り抜けることができるのか。最終回も衝撃の展開が続く『オールドルーキー』。もちろん数々のサプライズも用意。クライマックスまで目が離せない最終回に期待が膨らむ。


<勝村政信>
サッカーにかかわるドラマなので、永遠のサッカーおじさんとしていつ呼んでもらえるのかと心待ちにしていました。声をかけていただき光栄でしたが、準備はできていました。代理人も選手も実際にたくさん知っているので、ドラマを観ていてドキドキしていました。それぞれが丁寧に描かれているので、すぐに感情移入してしまってました。知り合いの代理人の皆様に観られると思うとプレッシャーがキツいです。今回共演した反町さんとはドラマでリトアニアにロケに行って、一緒に苦楽を共にした仲です。相変わらず、熱くて、男前で、周りに気を遣ってくれて、頼りになる人でした。神尾さんは初めてでしたが、サッカー話で話が弾みました。これからどんどん素晴らしい仕事をしていくでしょう。大きな会社と個人の会社のいいところ、至らないところの描き方が、目的は同じなのにそれぞれの立場でまったく違います。そこはとてもおもしろいので、ぜひ観てください。


<第10話あらすじ>
新町(綾野剛)は解雇され、「ビクトリー」を去った。そして、高柳(反町隆史)と今後スポーツマネージメントには関わらないことを約束する。
妻の果奈子(榮倉奈々)や娘たちにも理解してもらい再び新町の仕事探しが始まるが、塔子(芳根京子)たちはやりきれない思いでいた。
そんな中、「ビクトリー」所属のJリーガー・伊垣(神尾楓珠)の海外チームへの移籍交渉が暗礁に乗り上げる。さらに、塔子と城(中川大志)もあることがきっかけでビクトリーを自ら退職。
「ビクトリー」を退職し全く関係ない仕事をしていた新町だったが、伊垣はそんな新町をなお頼ってきた。伊垣の熱意に負け、新町はスポーツマネージメント最後の仕事として、伊垣の代理人をやらせてほしいと高柳に願い出る。
しかし、経験がない新町では前途多難。そんな時に衝撃的な事件が起こる――。



■日曜劇場『オールドルーキー』
毎週日曜よる9:00~9:54

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。