『家庭教師のトラコ』エピソード0、トラコ(橋本愛)と福多(中村蒼)の過去が明らかに

TV 公開日:2022/08/31 6
この記事を
クリップ

水曜ドラマ『家庭教師のトラコ』。ついに、トラコの過去が明らかに。奇想天外な授業で、母親も子供も手なづけた家庭教師のトラコ(橋本愛)と福多(中村蒼)。福多が思いをはせる、トラコと再会した5年前の黒ずくめトラコの場面写真が解禁。



前話では、「次へのリハーサルも兼ねて、今度はいろいろ仕掛ける」というトラコが、閉鎖寸前の児童養護施設を救おうとする里美に3000万円を今すぐ手に入れるため、名器ストラディバリウスや絵画、高級ワインを偽物とすり替える無茶な方法を提案。夫・利明の愛を信じ、裏切りたくない里美だが、夫の銀行頭取就任パーティーで自分への愛がないことを知り、偽のストラディバリウスの音色にうっとりしている会場を見て、自分の中で何かが弾け、偽物を叩き割るなどして、「もうウンザリ」と守とともに上原家を去っていくのだった。


第7話では、母親も子供もてなずけたトラコの次なる狙いが、「あまりにも過激だから」と気が進まない福多は、5年前のトラコとの再会を思い出す。―5年前、財務省勤務時の福多は、トラコと突然再会。


トラコがなぜ家庭教師をすることになったのか。本当の理由を聞くこととなる。その今よりもワイルドな、黒ずくめトラコの場面写真が本日解禁。さらに、トラコと福多の過去も明らかに。


8月31日(水)よる10時放送の第7話では、トラコがなぜ家庭教師になったのか。さらに気になるトラコと福多の過去が明らかとなる、エピソード0(ゼロ)を放送。


▼“福多”を演じる中村蒼インタビュー


【7話あらすじ】

トラコ(橋本愛)は次のステップに進むため、福多(中村蒼)に「そろそろ例のこと伝えて」と保護者への対応を指示する。「おまえがやろうとしてることって、あまりにも過激だから」と気が進まない福多は、5年前のトラコとの再会を思い出す。5年前、トラコと再会した福多は、トラコが家庭教師をする本当の理由を聞く――。


■『家庭教師のトラコ』

毎週水曜 よる10時~よる11時

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)