玉森裕太主演『祈りのカルテ』くだけた掛け合いも?椎名桔平&松雪泰子がベテラン指導医役

TV 公開日:2022/08/30 16
この記事を
クリップ

10月スタート新土曜ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』主演・玉森裕太Kis-My-Ft2)、現役の医師でもある作家 知念実希人氏によるシリーズ累計18万部突破のベストセラーが原作の本作。本日、メインキャスト情報解禁第三弾として、主人公である諏訪野良太(玉森裕太)らを見守る指導医の2人が解禁。冴木裕也(矢本悠馬)の父親でもあり男気溢れる外科医の冴木真也役に『トップナイフ』(2020年)に続いて再びの医師役となる椎名桔平、研修医を優しく見守るちょっぴり変わった精神科医 立石聡美役に『Mother』(2010年)以来12年ぶりの日テレドラマ出演となる松雪泰子が、務めることがそれぞれ発表された。



椎名の演じる冴木真也は優秀な外科医で、冴木裕也(矢本悠馬)の父親。


海外ボランティアを経験したのちに医師を目指した変わり種で、誇りと情熱をもって医師という仕事に向き合うキャラクター。情報解禁にあたり椎名は「『同期のサクラ』だったり『トップナイフ』だったり、ちょっとクセのある役をいただくことが多いんですが(笑)」と茶目っ気を交えつつ「研修医たちに対して指導医として、熱意をもって向き合うきちんとした大人ですね。」と自身の役どころについて語った。


松雪の演じる立石聡美は、表情や会話から患者の抱えた様々な心の問題を読み解いていく優秀な精神科医。占い好きでちょっと変わった一面もありつつ、ユーモアと愛嬌をもって研修医たちを導いていく役どころ。情報解禁にあたり、松雪は「患者さんとの心の交流、研修医のみなさんの成長、そしてサスペンスといった、沢山の層がある物語として、面白くご覧になっていただけるかと思います。」と、作品の魅力について語った。医大時代からの同期でもある二人。ベテラン指導医でありながら、同期同士になるとくだけた掛け合いも・・・?


温かく、時に厳しく、指導医たちは研修医たちを導いていく。一人前の医師とはなにか?ベテラン指導医たちの背中が語るものとは。物語を通じて医師として、そして人間として成長していく2人の姿にも注目だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)