『石子と羽男』田中哲司が再登場 キーパーソンに「今まで演じたことがない」

TV 公開日:2022/08/26 6
この記事を
クリップ

有村架純中村倫也がW主演を務める金曜ドラマ石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』。9月2日(金)放送の第8話に田中哲司が再登場する。



田中哲司が終盤にかけてキーパーソンに

本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石子(有村架純)と、1回で司法試験予備試験と司法試験に合格した高卒の弁護士・羽男(中村倫也)の“石羽(イシハネ)コンビ”が、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑みながら、自らのコンプレックスに向き合い成長する姿をオリジナル脚本でコミカルに描く異色のリーガル・エンターテインメント。


第8話は、“隠れ家”を売りにしている創作料理店がグルメサイトに勝手に掲載されてしまい、掲載の取り消しを求めてサイトの運営会社を訴えたいと店主が潮法律事務所に相談にやってくるところから物語が始まる。



田中哲司演じる、役どころが明かされていない御子神慶(みこがみ・きょう)が再び登場。第7話では、将来を嘱望する若者を集めてパーティーを開いており…御子神の狙いは何なのか。物語の終盤にかけてキーパーソンとなる役どころだ。果たして石羽コンビや大庭蒼生(赤楚衛二)とどのように関わっていくのか? 田中哲司のコメントが到着した。


コメント

<田中哲司>

石子と羽男』は日常の些細なことが重要なポイントになっていて面白いですし、市井の人々に焦点を当てているのがいいですね。弱い人たちの味方というか身近な問題を地道に解決していくのが魅力的ですし、素晴らしいと思います。僕の役どころは飄々としていて、余裕というか服装もラフで親近感があります。今まで演じたことがないところに惹かれました。
途中からの参加ですが、有村さんと中村さんは以前ご一緒したことがあるので安心して飛び込んでいけました。そして“歌うたい”ではないさだまさしさんとご一緒できたのが何かプレゼントをもらったような気持ちで本当にうれしかったです。


▼第8話ゲストは…


第8話あらすじ

潮法律事務所に“隠れ家”を売りにしている創作料理店の店主・香山信彦(梶原善)から、店が知らぬ間にグルメサイトに掲載されてしまい、掲載の取り消しを求めてサイトの運営会社を訴えたいと相談があった。
羽男(中村倫也)と石子(有村架純)が運営会社の顧問弁護士を訪ねると、そこには羽男の因縁の相手、丹澤(宮野真守)の姿が! 羽男は掲載の取り消しを求めるが、丹澤はそれを拒否。交渉は決裂する。
示談が成立せず裁判で争うことになったため、石子と羽男は裁判に向け店側に有益な情報を集め始める。
そんな中、信彦には大喧嘩したまま疎遠になっている息子夫婦・洋(堀井新太)と蘭(小池里奈)がいることがわかり…。


(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)