伊藤万理華「抱きしめたくなるような作品」小越勇輝と『スピカの星』で共演

TV 公開日:2022/08/25 17
この記事を
クリップ

伊藤万理華小越勇輝が共演する、宇宙船を舞台にしたヒューマンドラマ『スピカの星』がNUMAにて8月25日より全5話が一挙配信される。



母なる地球を離れ、人類が居住可能な新惑星を見つけ出すために32年7ヶ月もの間に渡って宇宙を旅する惑星探査船「ヒカリ号」。人類の希望を乗せて旅を続ける宇宙船で生まれ育った少女・スピカは、間もなく13歳の誕生日を迎える。地球から何億光年も離れた宇宙の果てで暮らす彼女の日課は、宿題で作った宇宙トランシーバーを改造した通信機で、誰かが答えてくれるかもしれないという微かな希望を乗せた電波を発信すること。


そんな彼女の電波をキャッチしたのは、地球に住むアラタという名の同い年の少年。彼を通して知る美しい地球の姿に心を弾ませるスピカ。アラタとの心地よい交信に楽しい日々は続くかと思われた。しかしある日、地球から驚愕の情報が届く。宇宙船全体に衝撃が走り、スピカの日常は一変する…。


主人公のスピカを演じるのは、乃木坂46の元メンバーであり、主演映画『サマーフィルムにのって』で第13回TAMA映画賞にて最優秀新進女優賞、日本映画批評家大賞の新人女優賞を受賞し、大活躍中の伊藤万理華。宇宙船で生まれ育った13歳になる少女の葛藤と成長を見事に演じ上げ、聴衆者を惹きつけていく。


地球の少年アラタには、ミュージカル『テニスの王子様』で主演回数最多、『弱虫ペダル』では舞台、実写ドラマに主演を務めるなど、舞台、ドラマ、映画と目まぐるしい活躍をしている小越勇輝。


脚本・演出には、関西タテノリ系のテンションと骨太な物語の合わせ技イッポン劇団の『劇団子供鉅人』(※1 現在は解散)の主宰であり、俳優としてもNODA・MAP『ザ・キャラクター』『南へ』『エッグ(再演)』などにも出演する益山貴司。人間存在の悲しみと可笑しさを追求している作風が話題だが、今作がどう仕上がっているかも注目だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)