上白石萌音、神木隆之介の凄さ語る 綾瀬はるかは「ぎぼむす」で“ある感情”が?

TV 公開日:2022/08/26 31
この記事を
クリップ

28日(日) 放送『日曜日の初耳学』(MBS/TBS系全国ネット放送、22:00~22:54)では、「インタビュアー林修」のコーナーで綾瀬はるか上白石萌音佐藤浩市の金言&未公開トークSPを放送する。



林先生が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する人気企画「インタビュアー林修」は、これまで総勢54組にインタビューした中から林先生が唸った金言を厳選、未公開映像を交えてお送りする特別編。今回は、綾瀬はるか、上白石萌音、佐藤浩市のインタビューから、前回放送できなかった貴重な話を大公開。林が感銘を受けた、彼らの生き方や俳優魂に触れる金言とは…?


数々のドラマや映画に出演し、シリアスからコミカルまで様々な役柄を演じ、誰からも愛される俳優・綾瀬はるか。そんな綾瀬の“愛され力”が垣間見える撮影現場でのエピソードが明らかに。また、デビューのきっかけとなったオーディションの会場で、当時芸能界入りを反対していた母親に起きた思わぬハプニングとはいったい? そして、2018年に放送された話題作『義母と娘のブルース』で、突然幼い娘の義母となり奔走する母親役を演じた綾瀬が、当時の撮影を振り返り、綾瀬の胸の中に初めて芽生えた“ある感情”について語る。


俳優・声優・歌手の三刀流で活躍し、幅広い世代から人気を得る上白石萌音。そんな上白石が、声優としての才能を開花させた映画『君の名は。』。男の子と入れ替わるという難しい役を演じる中で上白石が目の当たりにした、共演者、神木隆之介の凄さを語るエピソードを披露。
また、前回の対談で、「何か子どもに関わる仕事がしたい」と語っていた上白石が、なんと、自身初となる翻訳本を出版。上白石が語り実践した、夢を叶える秘訣とはいったい?


俳優として活躍する一方、近年は音楽活動にも取り組むなど、60歳を過ぎても時代の流れと向き合い新たな事に挑戦し続ける、佐藤浩市。そんな佐藤が、撮影前のこだわりのルーティーンや、42年の俳優人生のなかで“一番怖かったシーン”について語る。今年2月に公開された短編映画『IMPERIAL大阪堂島出入橋』で経験したそのシーンを振り返り語った舞台裏とは?


また、話題のトレンドを掘り下げる「初耳トレンディ」のテーマは“眠活”。夏の暑さで寝苦しさを感じたり、長期休暇で生活リズムを崩してしまった睡眠の質を上げる方法を、睡眠に詳しい専門家が徹底解説。寝る前に飲むとよい飲み物や、歯磨きのタイミング、スッキリ起きるためのアラーム音など、寝付きや目覚めをよくしてより質の高い睡眠をとるための方法を教えてくれる。スタジオメンバーもびっくりの意外な事実が続々。お見逃しなく。


■『日曜日の初耳学』
8月28日(日) 午後10:00~午後10:54

(C)MBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)