『家庭教師のトラコ』鈴木保奈美、細田佳央太は「とても素直で、すごくしっかりした青年」

TV 公開日:2022/08/24 9
この記事を
クリップ

主演トラコ役を橋本愛、パートナー役を中村蒼が務める『家庭教師のトラコ』。

「どんなことがあっても主人を愛してますから」(里美)
超富裕層の正妻になるも居場所がない後妻ママ里美。トラコが教える児童養護施設を救うために必要な3000万を手に入れる方法に悩み、里美が最後にしがみついたのは?上原家騒然の6話を前に、里美役・鈴木保奈美に話を聞いた。



第5話では、トラコが、胃ガンにかかった定食屋の女将・智代が安心して死ぬのに必要な額4630万円手に入れる方法を考えさせ、智代は資金不足から火災保険金目当てに店に火を放つも失敗。さらに、トラコに何度も書き直しをさせられた遺書には、これからも息子・高志と共に生きていきたいと願う智代の思いが、つづられており、それを見た高志はトラコに言われた3つの選択肢に「どれもヤだ。ずっと母さんといたい」と答えを出す。智代も「4630万どころか何億残したって安心して死ぬことなんかできない」と、愛しそうに高志を見つめるのだった。


第6話では、「次へのリハーサルも兼ねて、今度はいろいろ仕掛ける」というトラコが、閉鎖寸前の児童養護施設を救おうとする里美に教える“3000万円を手に入れる方法”で、上原家が騒然となって―。超富裕層で居場所がない後妻・上原里美役を熱演する鈴木保奈美に6話を前に話を聞いた。


<鈴木保奈美 インタビュー>

――上原里美を演じるにあたって、どのようなことを心がけてお芝居されていますか?

里美は、自分自身のことや何が欲しいのかがあまりわかっていない、3人のお母さんの中で「一番軸がない人」だと思います。「お金があって、夫が立派で、こどもがエリートであることがいいことに違いない―」里美さん自身が、本心でそうしたいというよりも、「世間一般的なエリート暮らしが幸せだ」と自分に思い込ませようとしている部分があるのかなと。本当の里美さんはそういう人ではなく、津軽から出てきた一人の女の子で、東京で頑張ってきた人。表面を一生懸命に取り繕ってるものの、中にいるのはとてもシンプルな女の子ではないかと思っていて、その感覚を大事にしています。実はそんなに強い女性ではなくて、みんなに好かれたいし、自分を相手に合わせようとする感じでお芝居したいなと思っています。


――会見でも「うちの守はかわいくて・・・」とおっしゃっていましたが、息子役の細田佳央太さんとはどのような会話をされますか?

細田さんはとても素直で、すごくしっかりした青年なので、私がわからないことを教えてもらったりしますし、「選挙行った?」って聞くと、「行ってきましたよ!投票しないと言いたいことを言えませんから」みたいなやりとりがあったり。お芝居では例えば、「このシーンでこんなふうにやったらいいかな?」とか、お互いに「今のだと気持ち悪いからこうしましょうか」とか、その感覚はとても共有できているので、頼りがいのある息子です!



――上原家と対峙するトラコ演じる橋本さんのお芝居についてはどのようにご覧になっていますか?

毎回観客になって堪能しております。事前の打ち合わせは全然なくて、トラコ先生と里美の関係のように、全然知らない人がどう出てくるかわからない新鮮な感じと、劇中でもそうですが、すでに里美さんが家族の中で守にしか話せなかったことをトラコ先生には言えてしまう部分があって、そういう「新鮮さ」と「独特な親近感」があります。役の上でもそうですし、実際の橋本愛さんという方に対しても同じような感覚ですね。


――3つのキャラの演じ分けについては?

愛ちゃんの凄いところは、やってることは凄いことなんですけど、さらっとやっているところが「カッコいいなこの人」って思っています。周りに嫌なプレッシャー与えることもないですし、前室で読書していて「なんだこの余裕!?」って驚きましたね。


――6話は「人は愛で動くのか、それとも金で動くのか?」がテーマで、「お金の使い方」に関してもいろいろと出てきます。みどころを教えてください。

3000万円のお金の使い方ですね。3000万の存在価値といえば、ちょうど撮影しているときにサッカーのパリサンジェルマンが来日していて、“3000万のVIPチケットがある”と聞いて、いろんな使い方があるんだなと思いました。「愛か金か」ではなくて、そこは人間が生きていく上でのリアルで考えると「金があるから愛もあるのかな」とも思いますね。これは上原家は経済的に余裕があるからこそ出てくる問題なんですけど。


――着物を着ての大立ち回りなどある6話ですが、撮影でのエピソードがあれば教えてください。

大変だったというよりも、とっても楽しかったですね。今回は遊川さんがなかなか今までドラマでやったことがないことを色々とやらせてくださっているのでとても楽しいですし、せっかくそういうシーンをふってくださったので、いかにお応えするか?楽しいチャレンジですね。物を壊すシーンはやったことがあるんですけど、1発勝負なので。本当にこれは物理的な話で1回できれいに決めないと、またイチから準備して頂いてやり直しになってしまうので緊張感があります。

物を壊すということは決して楽しいことではないんですけど、こういうことを職業としている私自身としては、それをいかに表現するか?自分がいかに工夫して、いかにエネルギーを出すかっていうのは、とても楽しいチャレンジではあります。


――ここから先の展開で楽しみにしていることは何ですか?

一つは、トラコ先生の野望が本当のところはどういうものなのかということ。もう一つは、こどもたちが受験に受かるかどうかではなくて、守が本当に東大に受かったら幸せなのか?そもそも受かることが彼にとっては必要なのか?それは知恵ちゃんも、高志もそうで、合格したらめでたしなのか?そもそも「この子たちと母親たちの幸せってどちらなんだろう?」という問いの答えが、最後には出るんじゃないかなと期待しています。

この作品の一番ベーシックな部分には、「1万円でどうやったら幸せになれるか?」という1話で出てきた大きな命題があって、受験でどうやって幸せになるか?最終的にはどうやったら幸せになるかっていう「幸せを求めているお話し」であって、受かる受からないは一つのツールにすぎないんです。守にとって東大に受かることが幸せなのか?もしかしたら受かって今までと違う才能が開いて幸せになるかもしれないし、そもそも東大じゃなくていいんじゃないの?っていうことになるかもしれない。どういう幸せの形を遊川さんが提示してくださるのがとても興味深いなと思います。


次回は富裕層に仲間入りした元ホステスママ・里美(鈴木保奈美)に訪れる試練、そして涙―。「人は愛で動くのか、お金で動くのか?」そして、謎の家庭教師・トラコの本当の狙いに向けた3つの家庭への仕掛けが完成する。『家庭教師のトラコ』第6話は今夜10時放送。


【6話みどころ】

トラコ(橋本愛)と里美(鈴木保奈美)は、高級店でバッグをひったくろうとした男の子を児童養護施設に送り届ける。トラコから、施設は長年抱えた負債が膨らみ、閉鎖する一歩手前らしい。助けるには3000万円必要だと言われた里美は夫に相談してみるという。

上原家では、利明(矢島健一)の新頭取就任が決まり、就任パーティーを開くことになった。椿(長見玲亜)は3000万円のストラディバリウスをお披露目したいと言い、憲一(塩顕治)も3000万円の絵画を会場に飾りたいと言う。さらに利明は1本300万円のシャトーモリ―を10本ふるまうつもりだ。そんな利明に、「児童養護施設を助けてあげてほしい」とお願いする里美。利明は「融資部に検討させる」と約束するが、トラコは「本当に融資してくれるでしょうか?」と怪しむ。それでも「主人は愛情深い人なんです」と言い張る里美に、トラコは

「じゃあ、賭けませんか?人は愛で動くのか、お金で動くのか?」。

翌週、里美は利明から融資を断られてしまう。どうしたら施設を救えるのか…悩む里美に、トラコは椿のストラディバリウスを指して…「これと偽物をすり替えて、売ったお金で施設を救うんです」――


▼“福多”を演じる中村蒼インタビュー


■『家庭教師のトラコ』

毎週水曜 よる10時~よる11時

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)