菊池風磨、亀梨和也が10年以上愛用する“一流品”に感動「食べれるようになりたい」

TV 公開日:2022/08/23 4
この記事を
クリップ

毎週火曜夜10時放送の『一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!』スタジオには、24時間テレビのメインパーソナリティを務めるジャにのちゃんねるから菊池風磨が出演する。


【関連】『24時間テレビ45』菊池風磨、人気子役・村山輝星のトライアスロン挑戦を全力サポート



今夜の放送は、芸能人が愛してやまない超一流品スペシャル。芸能人が長年愛用する一流品を自らが取材し、その知られざる作り方を学ぶというコーナー。今夜は2本立てなのだが、まず最初に、超一流のこだわりを持つ男、亀梨和也が登場する。


今回、亀梨が取り上げたのが、なんと“めんつゆ”。これまで10年以上愛用しているということで、めんつゆ愛が止まらない亀梨。さっそく醸造所がある岩手県花巻市に向かう。


佐々長醸造は、岩手県を代表する醤油と味噌の醸造所。40年前にめんつゆ作りを始めたとのことだが、今では年間6万本を売り上げる看板商品になったという。亀梨が10年以上愛用するこのめんつゆは、市販されている普通のめんつゆとは何が違うのか。その秘密を亀梨本人が解き明かしていく。


まず最初のヒミツは、めんつゆを作るうえで絶対に欠かせないのが水。およそ40年前に先代の社長が、めんつゆや醤油作りに適した水を求めて、およそ150m掘り下げ、地下水脈を発見したとのこと。近くの早池峰山一帯の雪解け水が地下に浸透し、長い年月をかけ濾過された天然のミネラルウォーターで、この水は、日本の平均的な水と比べて、非常に硬度が高いという。


実際にこの地下水を飲んだ亀梨は、「確かに硬めだけど、飲みやすい。」とのこと。この水でコーヒーをいれたり、お米も美味しく炊き上がると聞いた亀梨は、「タンクを買ってきてもらおうかな!」とこの地下水を持って帰ろうとする。実際に醸造所でめんつゆができあがるまでを体験した後に、亀梨が普段作っているという「特製めんつゆ料理」を醸造所の佐々木さんに振舞うことに。亀梨が作る特製料理とは、果たしてどんな料理なのか?


スタジオではそうめんなどを実食する。菊池風磨もめんつゆの味に感動し、「このめんつゆを食べれるようになりたい。」とコメント。亀梨が10年以上愛用し続けためんつゆ愛が明らかになる。



■『一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!』
【放送日時】毎週火曜よる10時00分~11時00分
【出演者】亀梨和也 高嶋ちさ子 チョコレートプラネット 滝菜月 日本テレビアナウンサー
【スタジオゲスト】菊池風磨(ジャにのちゃんねる)、ヒコロヒー、梅沢富美男
【VTRゲスト】雛形あきこ

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。