10月スタート“火10”『君の花になる』新たに“くせ者”揃いのキャスト解禁

TV 公開日:2022/08/22 35
この記事を
クリップ

TBSでは10月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で、本田翼主演の『君の花になる』を放送する。新たに“くせ者”揃いのキャスト陣が解禁された。



10月スタートの火10ドラマ『君の花になる』

本作は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田翼)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ“8LOOM(ブルーム)”の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かっていく物語。


主人公・仲町あす花(なかまち・あすか)を演じる本田翼、あす花の元教え子で7人組ボーイズグループ“8LOOM(ブルーム)”のリーダー・佐神弾(さがみ・だん)役で高橋文哉、8LOOMメンバーである成瀬大二郎(なるせ・だいじろう)役で宮世琉弥、古町有起哉(ふるまち・ゆきや)役で綱啓永、一之瀬栄治(いちのせ・えいじ)役で八村倫太郎、桧山竜星(ひやま・りゅうせい)役で森愁斗、久留島巧(くるしま・たくみ)役でNOA、小野寺宝(おのでら・たから)役で山下幸輝が出演。


また、あす花の姉・仲町優里(なかまち・ゆうり)役に木南晴夏、8LOOMのたまり場となっている銭湯の娘・池岡奈緒(いけおか・なお)役に志田彩良、優里の婚約者・三ツ谷満男(みつたに・みつお)役に菊田竜大ハナコ)、8LOOMと同じ事務所に所属するタレント・リリカ役に川津明日香が決定している。


新たなキャスト4名を発表

そしてこのたび、8LOOMの所属事務所である「花巻エンターテインメント」の関係者を演じるキャストとして、宮野真守内田有紀竹中直人夏木マリの出演が発表となった。


声優として数々の人気アニメに出演し、近年はドラマ、ミュージカルなど俳優としての活躍も話題の宮野真守は、8LOOMのマネージャー・添木ケンジ(そえぎ・けんじ)役を演じる。添木は圧の強い笑顔とやたらキレのいい動きが特徴的な“くせ強”キャラ。期待の新人としてデビューしたものの、全く売れずにくすぶっている8LOOMに頭を悩ませている。さらに、添木の言動が空回りしてしまうことも多々あって…。


火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(2019年)以来、約3年半ぶりのTBSドラマ出演となる内田有紀は、8LOOMのライバルグループ・CHAYNEYのマネージャー・香坂すみれ(こうさか・すみれ)を演じる。“鉄眼鏡”の異名を持ちクールで無愛想な香坂だが、無名の新人だったCHAYNEYを一躍人気グループへと成長させたやり手であり、そのマネージメント能力は折り紙付き。プロ意識の低い8LOOMのメンバーとあす花のことを面白く思っていない節があり…。


幅広い役を演じ分け、俳優にとどまらず映画監督などマルチに活躍する竹中直人は、神出鬼没な謎の事務所関係者・トリニティ春日(とりにてぃ・かすが)役を演じる。8LOOMメンバーも“偉い人らしい”ということしか知らない、謎に包まれた人物であるトリニティが、どのようにあす花たちと関わっていくのか、予測不可能な展開が楽しみな役どころだ。


そして、ドラマ・映画から演劇までジャンルを問わず活躍し続けている夏木マリは、花巻エンターテインメントのやり手社長・花巻由紀(はなまき・ゆき)を演じる。とにかく無駄が嫌いな花巻は、スタッフはもちろんタレントにも甘えを許さない完璧主義の経営者。いまだにパッとせずプロ意識も低い8LOOMに対しても容赦はなく、残り半年間での契約解除宣告を突きつける。しかし、トリニティにだけは心を許しているようで…。


崖っぷちのあす花と8LOOMが、くせ者揃いの事務所関係者たちと関わる中で、どのように成長し変わっていくのか注目だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)