『ちむどんどん』藤間爽子が井之脇海演じる“矢作”の妻役に「心から嬉しかったです」

TV 公開日:2022/08/19 9
この記事を
クリップ

藤間爽子が、現在放送中の連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演することが決定した。TBS系日曜劇場枠『マイファミリー』でまさかの共犯者役を演じ世間を驚かせ一躍注目を集めたことも記憶に新しい藤間。2017年度上半期の連続テレビ小説『ひよっこ』に続き、本作で2度目の朝ドラ出演を果たす。




今回藤間が演じるのは、井之脇海演じる矢作知洋の妻・佳代。矢作はかつてイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」の厨房で主人公・暢子(黒島結菜)の先輩料理人として働いていたが、ある日突然退職し、姿を消してしまった。その後再び暢子たちの前に現れた際には、自身で経営する店がうまくいかず借金を抱えた末、「アッラ・フォンターナ」を巻き込んだ事件に発展してしまったばかり。そんな波乱に満ちた人生をおくる矢作を、これまで献身的に支えてきた妻・佳代。矢作が若くして結婚していたことはすでに明かされていたが、第20週でついに初登場となる。果たして矢作夫妻に待ち受ける未来とは…。第20週「青いパパイアを探しに」に期待が高まる。


<藤間爽子 コメント>

この度、朝ドラ「ちむどんどん」に矢作さんの妻、矢作佳代として出演させて頂くことになりました!憧れでもある朝ドラに出演できますこと、心から嬉しかったです。

あの矢作さんが19歳という若さで結婚を申し込んだ奥さんということだったので正直プレッシャーは感じてはいますが…矢作さんを想う気持ちを唯唯一途に演じました。

みなさんの心にも届くことができたら嬉しいです。

「ちむどんどん」を観ていると、朝から食欲が湧いてきます。食べるということは、人間にとって生きる活力でもあり、お腹だけでなく心までもが満たされていきます。人を幸せにすることができます。そんな暢子さんの夢を、視聴者の一人としても応援しています!



※本記事は掲載時点の情報です。