『魔法のリノベ』“マドリスト”登場も梅玄コンビ困惑、紹介したのは…

TV 公開日:2022/08/22 9
この記事を
クリップ

波瑠が主演を務める月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジ系/毎週月曜夜10時)。今夜放送の第6話に、元宝塚歌劇団・花組トップスターの真飛聖が出演する。




第6話に真飛聖がゲスト出演

本作は、大手リフォーム会社の元エース・真行寺小梅(波瑠)が、ワケあって街の工務店に転職、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮祥太朗)とバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法で”依頼人が抱える問題を解決し、人生を後押ししていく“人生再生!リノベーショお仕事ドラマ”だ。


8月22日(月)放送の第6話で真飛聖が演じるのは、中古マンションを購入予定の会社員・飯星靖子。商社で経理を担当しているとあって、金銭感覚はしっかりしており、マンションを買うと決意してから10年、コツコツ貯めてきた自己資金は40歳にしてついに目標額を達成。予算管理もローンの返済計画もカンペキで、早く自分だけの城を手にしたいとウズウズしているが、一方で、慎重派で優柔不断な一面を持つ。


演じるのは“マドリスト”靖子

靖子は、会ったばかりの小梅と玄之介に、「中古マンションを自分好みにリノベーションしたい!」と、早速熱弁をふるう。それもそのはず、靖子の趣味は“間取りを見ること”で、自他ともに認める“マドリスト”。そのうえ、一風変わった間取りが好きで、長年温めてきた住まいに対するこだわりは決して譲れない。予算に限界があることは分かっていても、「一世一代の買い物を後悔したくない」と熱く語る靖子に、梅玄コンビが提案した究極のリノベプランとは…!?


靖子に『まるふく工務店』を紹介したのは…

さらに、靖子に『まるふく工務店』を紹介したのが、他でもない、玄之介から妻を奪った弟の寅之介(落合モトキ)だと分かり、さすがの梅玄コンビも困惑。寅之介は悪びれもせず「ビジネスです」とすっかり割り切った様子だが、次第に、依頼人の希望より自分の利益を優先させるような振る舞いを見せ始め、見かねた玄之介との間に亀裂が! やがて靖子の夢のプランにも暗雲が立ち込めて…!?


小梅をうならせるほどに豊富な知識を持ち合わせ、理想の住まいを実現させるためには決して妥協しない靖子の熱い思いを、梅玄コンビはどうやって受け止めるのか!? 自立した大人の女性でありながら優柔不断、間取りオタクの“マドリスト”と、チャーミングな一面を持つ靖子を演じた真飛聖からコメントが到着した。


真飛聖(飯星靖子役)コメント


Q.台本や原作を読んだ際の感想をお願いします。

台本を読んだ時点で、『あ〜これは面白い!!』と思いました。セリフの言葉のチョイスなどからも自分が演じるキャラクターをつかめた気がします。毎話見ていて思うのですが、リノベーションのお話ですけど、その中に『まるふくさん』との出会いによって、その人の人生を大きく左右する人間ドラマがあってとてもステキなドラマだと思います。


Q.演じる飯星靖子はどういったキャラクターの人物でしょうか?

心ときめくものに出会ったら、周りが見えなくなってしまう人なので、少々、周囲を困惑させてしまう傾向がある人かなと思います。


Q.靖子は、間取りを見るのが趣味の“マドリスト”で、自分の理想とするリノベプラン、こだわりがありますが、真飛さん自身、理想とする家、こだわりはありますか?

私も昔から間取りを見たりするのは好きであれやこれやと想像していますが、実際は、犬を飼っているので、理想通りにはいかず、犬ファーストの空間となっております。ただ、その中でも、出来るだけリビングの空間を広げて、観葉植物も置いて、安らげる状態にしています。


Q.撮影中のエピソードがあればお願いします。

ゲスト出演させていただくときはいつもドキドキしてしまうのですが、キャスト、スタッフの皆さんが、本当に温かい空気で迎えて下さったお陰で、毎日笑いながら、楽しく過ごさせていただきました。『飯星』というキャラもみなさんが面白がって下さったからこそ、出来上がったんだと思います。


Q.第6話のみどころ、視聴者へのメッセージをお願い出来れば幸いです。

リノベーションすることで、こんなにも明るい未来が待っているんだなと思わせてくれる、楽しくて温かいドラマです。
私自身、このような役どころは殆どやったことがないので、それはそれは『待ってましたー!』と言わんばかりに楽しんで演じさせていただきましたので、どうぞ、お楽しみに!!


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)